前衛で決めきれない理由と対処法

自分たちが攻撃している時、相手からの球がネット際にきたり、サービスラインあたりに上がって来る時がよくある。

そんな時はすかさず決めにいくのだが、どうしても力強いスマッシュが打てない時がよくある。

これはなぜだろう。

本日の練習会でも同じようなことがあった。

明らかに相手の球はひょろーっとネットとサービスライン中間ぐらいに上がってきたので、これはチャンスと思ってスマッシュの体勢を取った。

ところがいつものスマッシュを打つことができず、しかも相手のいるところへ球を送ってしまったため、あっさりと取られてしまった。

これはいけない。

なぜこうなってしまうのか。

後からよくその時のことを考えてみたら、答えは見つかった。

それは、球の位置と自分のラケット位置があまりにも近いからだ。

前衛に上がってきた球を見た時、あ、チャンスだ、と思ってどうしてもさらに前に詰めてしまう。

これが近づき過ぎの原因だ。

少し後ろから余裕を持ってスマッシュすることができれば、おそらく決めることができていただろう。

そしてもうひとつ。

ネット際に浮いた球をプッシュで決めようと思ったら、なぜか手前側にシャトルが吸い込まれてしまった経験はないだろうか。

自分の場合はしょっちゅうだ。

こんな簡単な球、なんでミスするかね。

これは打ち方が悪いせいなのだ。

プッシュをする場合どうしてもラケットはまっすぐ出してしまう。角度も下向きだから、どうしてもネットにひっかけてしまう確率が高くなってしまうのだ。

そんな時、確実に相手を仕留めようと思ったら、ワイパーショットをお勧めする。

これは何度も練習しておかないとなかなか最初は難しいのだが、うまく決まれば、これほど強力なショットはない。

どんなにネット際のシャトルであっても、まるでスマッシュを打ったかのように、バシっと決まるのである。

是非時々ワイパーショットの練習時間を取ってみよう。

[su_note note_color="#fff266"]

大人バド部のみんな

相手から浮いてきた球を確実に仕留められるように、ラケットとシャトルの位置、前に突っ込みすぎていないかどうか、を常に確認しよう。

体がネットに近すぎたり、シャトルに近すぎてしまうと、弱い球しか打てない。

それでは相手に拾われてしまう。

また相手のいるところめがけて決めようとするのもナンセンス。

瞬時に相手のいないところを探して、そこに球を運べるように普段から練習しておこう。[/su_note]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まだバドラー歴3年の孤独な大人ネコバド部長。1年目を過ぎたころから仲間ネコを集めて自主練の日々だ。バドミントンをしている時は素のネコになれるんだニャー。 目標は最強のネコバドラー。どんな相手だって受けてたつぞ。ニャー。