2018全日本総合、山口茜、予選敗退かと、ハラハラ

2018年11月27日から、2018年を締めくくる国内最大のバドミントン大会、全日本総合選手権大会がいよいよ始まった。

火曜日は朝から晩まで、ひたすら予選、予選、予選。すべてのジャンルの予選が行われ、本戦出場者が決定した。

自分は午前中の早い時間帯に、開催場所である駒沢オリンピック総合運動場の体育館に入り、その予選の模様をひたすら観戦していた。

すると、超ラッキーなことに、ちょうど山口茜が目の前のコートに表れたのだ。

いや、これには正直驚いた。火曜日は予選の日なので、メジャーな選手は一切出てこないはずなのだ。

しかし、山口選手は女子ダブルスで予選出場をしていたのだ。

ペアはいったい誰だ?背中を見ると、福井と書いてある。福井県代表選手なのか。しかしまるで見たことのない人だ。山口と同じ再春館製薬でもなさそうだ。

一体誰?

後からニュースを見てわかったのだが、彼女は山口選手の高校の時の先輩で綿矢汐里さん、という方。所属は福井県立奥越特別支援学校職員となっていた。

まあ、山口選手のことだからダブルスだってかなり余裕だろう、と思っていたのだが、これが意外と苦戦の連続。笑顔も見られて、ペアとの仲もよさそうで、結構動けているような気がしていたのだが、相手ペアも負けてはいない。一回戦、二回戦とも苦戦を強いられていたのだ。

山口選手の動きを見ていると、特に相手から点数を奪われてしまったのが、スマッシュを打ったあとの処理の仕方のまずさだった。ストレートに打ったスマッシュをクロス奥に返されてしまった時、間に合わないことが何度もあったのだ。

これは、自分たちでも注意が必要な場面だ。

クロスの切り返しを受けても、間に合うと確信した時しかスマッシュを打ってはいけない、のだ。

二回戦目では、どちらも譲らず、なんと一セット目はたしか28点位までジュースとなってしまった。さらに山口側が一セット目を落としてしまった。うーむ。これはいけない。

そして2セット目はなんとか山口ペアの勝利。しかし辛勝だった。そして三セット目に入ったのだが、相手ペアはそろそろ疲れが見えた感じ。しかし山口茜はまったく衰えなかった。そこがやはり世界ランク上位選手の違うところだろうか。

結局2対1で山口・綿矢ペアが勝利した。

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まだバドラー歴3年の孤独な大人ネコバド部長。1年目を過ぎたころから仲間ネコを集めて自主練の日々だ。バドミントンをしている時は素のネコになれるんだニャー。 目標は最強のネコバドラー。どんな相手だって受けてたつぞ。ニャー。