8/4【速報】世界バドミントン 桃田選手を含め6組のメダルが確定

世界バドミントンがいよいよ大詰めを迎えている。

大会5日目は準々決勝が行われた。前回の日本人のメダル合計数は4個だったが、今年(2018年)の世界バドミントンでは6個のメダルが確定した。

あとは、どんな色を取れるかが注目だ。

桃田選手、準々決勝、インド選手を寄せ付けず、足がよく動いていた

注目の桃田選手は準々決勝に勝利し、いよいよ準決勝に進出が決まった。

準々決勝の相手は、インドの25歳、SAI PRANEETH B.選手だ。彼の世界ランクは現在26位。いままで2回対戦し2回とも桃田選手が負けている選手だ。

しかしそれは2013年の話。あれから5年も経過している。

さて、結果は、見事桃田選手が21-12、21-12で勝利した。

しかも点数的には、めちゃくちゃキレイな勝ち方。

わかるよね。1,2セットとも同じ点数、しかも、21と12。逆にしただけの数字。ははっ。

あまり勝敗には関係ないけれど、自分的にはなんかすっきり。

内容的にもとてもよかった。

実はこのひとつ前の戦い(3回戦)で桃田選手は1セット落としている。しかもぎりぎりの勝利だった感がある。

その時の試合後のインタビューでも一時は負けも覚悟した、というコメントも出てきたくらいだ。

でも、その原因は自分にもはっきりわかった。

あまりにもラリーを意識しすぎて、丁寧すぎる戦い方だったからだ。

一セット目はほとんどスマッシュをすることはなかったし、チャンスが来てもすぐにラリーにつなげてしまうような戦い方だったからだ。

そして今回の準々決勝は、もう全然違っていた。

前試合の内容がウソのように、最初からギアをかなり上げ、決めるところは決め、スマッシュもチャンスの時にどんどん使っていた。

相手は長いラリーが得意な選手だったが、試合が進むにつれ、少しずつミスが出てきてしまっていた。

これで銅メダルが確定。いよいよ次は準決勝。

相手はマレーシアのベテラン選手、30歳のDaren LIEW選手だ。今までの最高ランクは12位で、最近は38位前後となっている。

桃田選手との対戦成績はないようなので、初対戦だと思う。

桃田選手を応援しよう。

 

福島・廣田ペア、準決勝にコマを進める

福島・廣田ペアも準決勝にコマを進めた。

準々決勝の対戦相手はインドネシアのAnggia Shitta AWANDA選手とNi Ketut Mahadewi ISTARANI選手。テレビで試合観戦したのだが、どちらもアグレッシブな選手だった。

試合のはじめのほうは二人とも少々緊張気味で足が動いていないように思えたが、途中まではほぼ互角。

シーソーゲームの戦いだったが、福島・廣田ペアのデフェンスが非常によく、彼女たちのスマッシュはことごとく拾われ、インドネシアにほんのちょっとのミスが出てしまった。それが点数に洗われた感じだ。

そして、準決勝の相手は、なんと日本人。

田中、米元ペアだ。

ああ、なんということ。

二組とも勝たせてあげたい。しかし、どちらかが決勝に行くことになる。

 

女子ダブルスの決勝はもしかしたら日本人対決か

一つ目の準決勝は、福島・廣田ペアと、田中・米元ペアだ。

そして、もうひとつの準決勝は、タカマツペアを下した、松本・永原ペアと、インドネシアの世界ランク6位のインドネシアペア、Greysia POLII

選手とApriyani RAHAYU選手だ。

このペアは年の差コンビ。
Polii選手は30歳、Rahayu選手は20歳で、10歳もの開きがある。
どんな対戦になるのだろうか。
そしてもし、松本・永原ペアが勝てば決勝は日本人対決となる。
今からドキドキだ。

男子ダブルスは、ソノカムペアが準決勝進出

男子ダブルスは、ソノカムペアが準決勝進出を決めている。これで銅メダルが確定した。

準決勝の相手は、中国のCHEN Hung Ling・WANG Chi-Linペア。

32歳と23歳の、こちらも歳の差ペアだ。ランキングは現在15位。ソノカムペアとは今まで二回対戦し、1勝1敗。

しかしそれは2014年の話だから、かなり古い。

二組ともそれから4年経ち、成長しているはずだから、このデータはあまりあてにならないかも。

今回は準決勝ということで、どちらもほぼ全開でギアをあげての戦いになるだろう。

男子ダブルスならではの、速い展開が予想される。

自分はシャトルを追うので精一杯なのだが、なんとかしっかり目を見開いて応援したい。

今後のテレビ放映予定

テレビ朝日(関東地区)

・決勝 8月5日(日)午前2時55分~

BS朝日

・準決勝 8月4日(土)12時~/19時~

・決勝 8月5日(日)22時~

CSテレ朝チャンネル2

・決勝 8月5日(日)14時~



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まだバドラー歴3年の孤独な大人ネコバド部長。1年目を過ぎたころから仲間ネコを集めて自主練の日々だ。バドミントンをしている時は素のネコになれるんだニャー。 目標は最強のネコバドラー。どんな相手だって受けてたつぞ。ニャー。