バドミントンで勝てる可能性を限りなく高める工夫

シャトルが拾えず、相手に点数を与えてしまった時、それはどんな時だったかをよーく思い出してほしい。

思い出せるだろうか?

自分がどんな時に相手に点数を奪われてしまったか、それは何が原因だったか、必ず短い振り返りをする、これが成長につながる。

今日の部活で、自分が何度もやられてしまったのは、バックサイドへ上がったロブをストレートスマッシュしたら、クロスのフォアサイドに短く切り返されて、慌ててフォアサイドに取りに行ったけれど、それが全然間に合わなかったこと。

バックから自分が打った時点で、前衛はバック寄りを守っているから、フォアに切り返された少し浅めの球は、全部自分が守るべきエリアだ。

何度も同じパターンでやられたけれど、取れると思った球がどうしても取れなかった。

なぜ取れなかったか?を考えたら、答えはひとつ。

バックでストレートに打ってから、相手がクロスに打つまでの間に自分が中央に戻っていなかったからだ。真ん中に戻るのが遅れたから。原因はこれしかない。

じゃあ、どうするか?

当然、ストレートに打っても、クロスに打っても、打ったところから、必ず中央のトッパンの位置に戻ることだろう。

たとえ勝ったゲームでも、ゲーム終了後は自分のミスを振り返ってみて原因を見つけ、さらにそのミスの対応策を考える。これを毎回きちんとやること。

さらに、昨日公開した、バドミントンノートの記事に乗っ取って、それをノートにとどめておくといいかもしれない。

とにかく肝心なのは、これからも犯す可能性のあるミスに対して、原因を特定し、その対応策を練っておくことだ。

だいたいバドミントンのゲームや試合では、振り返ってみるとエースを取られて負ける回数よりも、圧倒的に自分のミスで負ける場合が多い。

他の人は知らないが、少なくても自分の場合は間違いなくこのパターンだ。

だから、ミスを減らすための努力をしていけば、ミスを減らせる。そして勝てる可能性もがぜん広がっていくのだ。

この、振り返りと対応策を考えることは、誰にでもできる。バドミントンのゲームをやったことがある人なら、初心者であろうが上級者であろうが、そのレベルなりの、ミスを減らすための対応策を練ることができる。

そのミス対応策が、正しい対応策なのかどうかわからない?

そんなことはどうでもいい。それはやってみて答えが出てくるのだから。まずは対応策を考える、という行為がとても大切なのだ。

立てた対応策をその通りにやってもうまくいかなければ間違えている。対応策をやってうまくいけば、それは正しい対応策だったということだ。

ミス対策のプランを練って、実際にやってみて、検証して、次のアクションを起こしてく。この繰り返しだ。

このちょっとした工夫が次のゲームに必ず生きてくる。この行為が次のゲームに勝てる可能性を思いっきり上げてくれるのだ。

大人バド部のみんな! この工夫を毎回心掛けてみよう。次はきっと勝てる。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まだバドラー歴3年の孤独な大人ネコバド部長。1年目を過ぎたころから仲間ネコを集めて自主練の日々だ。バドミントンをしている時は素のネコになれるんだニャー。 目標は最強のネコバドラー。どんな相手だって受けてたつぞ。ニャー。