バドミントンのためのウチトレ動画を集めてみた



最近はコロナのせいで、自分の住む神奈川県のほとんどの公共体育館が休館している。そのせいで、バドミントンがまったくもってできない状態だ。

コーチも、「自分がコーチになってこんなことは初めてだ。」と言っていた。そりゃそうだろうな。

しかも、イヤになるのは、休館期間がどんどん、どんどん延長されてしまうことだ。今回は5月6日まで休館期間が延び、結局2か月以上もバドミントンがまったくできない状態が続いてしまう。

外で練習ができるか?と思って、なるべく風のない日を選んでやってみたのだが、全然だめだった。ご存じのとおりシャトルは数グラムしかないから、ほんのちょっとの風でもすぐにどこかへ行ってしまう。だから外でのバドミントンはあきらめた。

ジョギングでもするか、と思い立った日に限ってものすごい強風だったり雨だったりと、タイミングが全然合わない。

そこで、なるべく小さなスペースでもできそうな家トレをやることにした。これなら雨でも強風でもいつでも思い立った時にできそうだ。

数ある家トレ動画を観て、よさそうなものを選択。

だから、みんなにもシェアしておきたい。

まずこれだ!今回のコロナのせいで、yukoさんという人を初めて知った。

どうやらバドミントンのトレーナーらしい。彼女は短い時間でバドミントンのための家トレ動画を公開してくれている。動画がそのままトレーニングの時間になっているから、動画と一緒にやるとよい。このトレーニングは中級以上だから、かなりきついぞ。ガンバ。

これは、たった1種類のウチトレ動画。ご存じ、TagokenアカデミーでコーチをしているJooさんのチャンネルで紹介されていたウチトレ。蛇足だが、この動画に登場しているアカデミーのマレーシア人ワイケンくんは、なんと2時間かけてこのアカデミーに来ている生徒らしい。すごいな。

こちらは中国の卓球選手2軍のトレーニング風景だ。まさに自分がこのブログを書いている時に飛び込んできた動画だ。2020年4月5日に公開されている。中国の映像なので、もしかしたらすぐにyoutubeから削除されてしまうかもしれない。

もしこのブログを読んでくれた方がアクセスしたときには、もうこの動画は閲覧できない状態になっちゃっているかもしれない。その時はごめんなさい。

まあ、動画を観てみると、バドミントンの体幹トレーニングとほぼ同じことをやっているのがよくわかる。このトレーニングは、自宅でも簡単にすることができるから、絶対におススメだ。ぜひウチトレに取り入れてみてほしい。

やっているのは、背筋や腹筋を鍛えるものが中心だ。しかも、先ほどこの動画のひとつ前に紹介した栄高校でやっていたというトレーニングもちゃんと入っているから驚きだ。やっぱりうつ伏せで肘をついて床と並行にじっとする、というのはかなり体に効くんだろうな。

もっとハードなトレーニングが好き、という人におススメなのがこちらの動画だ。ジャンピングスクワットとかマウンテンクライマーとか、とにかくキツイものばっかり。でもわずか4分間で、動画を観ながら一緒にできるのでやってみるといい。これ、自分はついていけなかった。ホントにきついんだよー。でも確実に筋力がつきそうだ。ぜひトライしてみて。

タバタ式トレーニングっていうのを知っているだろうか。自分は、この動画を観て、すっかり気に入ってしまった。トレーニングしている男女がめっちゃカッコいいからだ。決してムキムキじゃなくて、無駄な脂肪がなくてみんないい体をしている。バドミントンのトレーニングにもかなりよさそうだ。

タバタ式では、20秒のトレーニングと10秒間のインターバルを繰り返しながら合計4分間のトレーニングを行う。これが1セットだ。

この動画はおそらく初級レベルで、わりと簡単な内容だが、実際にやってみると結構キツイ。自宅でも十分にできそうだ。それにしてもみんなかっこいいなあ。

もうひとつ、タバタ式トレーニングの動画。こちらも3名の男女が4分間行っている。なんだかみとれてしまうなあ。これもぜひやってみよう。単純な動きだが実際にやると本当にきついぞ。

さて、次はガチの元バドミントン選手、藤井瑞希さんがいつもお世話になっていたというフィジカルトレーナーの中野ジェームス藤井さんが、バドミントン用に自宅トレーニングを紹介しれている。初心者向きなので、女性でも簡単にできる。ぜひトライしてみよう。

そして、こちらはボディビルダーの方のチャンネルらしいのだが、その中に、バドミントンにもよさそうなものがあったので紹介したい。これは特に脚トレだ。下半身強化にとてもいいと思う。全部いっぺんにやると相当きついので、できそうなものを自分でピックアップして部分的にやってもいいと思う。

どうだろう。

動画に頼らなくても、自分で考えた自宅トレーニングで、ぜひ今の時期、モチベーションを下げずにがんばろう。

自分が住んでいる横浜でも、2020年5月までずっとバドミントンができない状態が続く。すでに一か月以上できない日々が続いており、5月までできないとなると2か月間まるまるバドミントンができなくなってしまう。もう打ち方も忘れそうだ。

でも、晴れてバドミントン練習が再開できるようになってから、急にやり始めて体を故障させないためにも、今、絶対にちゃんとトレーニングをやっておきたい。

みんなも、少しでもいいから、自宅でトレーニングをしてみよう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

ABOUTこの記事をかいた人

まだバドラー歴3年の孤独な大人ネコバド部長。1年目を過ぎたころから仲間ネコを集めて自主練の日々だ。バドミントンをしている時は素のネコになれるんだニャー。 目標は最強のネコバドラー。どんな相手だって受けてたつぞ。ニャー。