ロビング癖を直す最善の練習法はこれだ

ロビング癖、いつのまにかなんでも上に上げてしまっていたら、その癖に気を付けなくてはいけない。

ショートサービスをすぐにロビングしてしまう。

そのロビングがどんなに高く遠くに上げれたとしても、それはつまり、相手ペアの攻撃球となってしまう。

せっかくヘアピンの練習をしているのに、それを忘れてすぐ上げたたる。ヘアピンを出したほうがよっぽどこちら側の有利だ。

なぜ上げるのか?

ヘアピンより、上げたほうがネットに引っかかる心配もなく安全だからだ。

ヘアピンが来ても上に打ち上げる。

スマッシュが来ても上に打ち上げる。

ショートサービスも上にロビングしてしてしまう。

ドライブ合戦になっても、我慢できなくなってあげてしまう。

これでは、いつまでたってもこちらの攻撃ができない。

だから負けてしまうのだ。

その癖を直すには、こんな練習が効果的だ。

どちらかがサイドバイ、どちかがトッパンの形を取る。

トッパンのほうはひたすら攻撃する。ドロップ、スマッシュ、ヘアピン、ショートサービス、ドライブ、クリアを出すことができる。ただしロビングはできない。

いっぽうサイドバイのほうは、ロングサービス、レシーブ(ロング、ショート)、ロビングとクリアを出すことができる。ただしロビングやスマッシュを打つことはできない。

このルールに従ってゲーム形式で延々と行う。

これに慣れてきたら、サイドバイのほうは、相手の球がコートのミドルか前に落ちた時だけ攻撃することができる、というルールを設定する。

そうすれば、トッパンのほうは、中途半端な球を出すことができなくなる。

これはとてもいい練習だ。自分も仲間と時々この練習を取り入れている。

こうすることで、常にロビングを打つ癖のある人は強制的にその癖を直すことができる。自分がトッパン側にいれば、ロビングは打てないのだから。

大人バド部のみんな、

自分たちの癖の矯正にフィットするパターン練習を取り入れて、癖を徹底的に治そう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まだバドラー歴3年の孤独な大人ネコバド部長。1年目を過ぎたころから仲間ネコを集めて自主練の日々だ。バドミントンをしている時は素のネコになれるんだニャー。 目標は最強のネコバドラー。どんな相手だって受けてたつぞ。ニャー。