トッパンとサイドバイ、ちゃんとやっている?

本日は他の人のゲームを観る時間があったので、自主連仲間の打ち方をしばらく観察していた。

そうしたら、とても重大なことに気が付いてしまった。

バドミントンの基本は、守りの時は開く、攻めの時は縦の陣形を取る、というのが基本中の基本だ。

教室でも初心者のころからそう教えられる。。

ところが、だ。

長年バドミントンをやっていて、当然そうやっている、と思っていた他の人のバドミントンが、そうなっていなかった!

これは事件だ。

シャトルがうまく取れていないのはそのせいだ。

なぜ今まで気が付かなかったのだろう。

コートに入って、相手ペアの動きを見ている時はあまり感じなかったものが、コート外から一人一人の動きを見ていたら、基本にまったく即していない人たちがほとんどだった。

攻撃側なのに、片方のペアがサイドバイのままだったり、守り側なのに、まだ真ん中に陣取っていたり。

うーむ。

ローテーションの練習を自主連でも取り入れているのだが、その練習をやっていても、まだちゃんとポジショニングがわかっていない、ということか。

ゲームを観察していると、歯がゆい場面がたくさん出てくる。

自分のケアレスミスは仕方ないが、点数を取られてしまう最大の原因のひとつは、なんといっても自分の立ち位置が正しくないということだ。

本日のゲーム練習を見ていて、それを強く感じてしまった。

ロングサービスを出したら、自分たちは必ずサイドバイからスタート。ショートサービスを出したら、トッパン。

こんなこともよく知っているはずなのだが、実際のゲームではきちんとできていない。

自分のペアがスマッシュを打っていても、片方のペアは前衛に入らない。

こういうひとつひとつの動きが、ゲームを見ていると実によくわかるのだ。

[su_note note_color="#fff266"]

大人バド部のみんな

時にはコートに入っている4名の動きをじーっと見てみよう。

攻撃の時はちゃんとトッパンになっているか、守りの時はサイドバイになっているか?

ペアの動きをつぶさに観察してみよう。

すると、どこにどう動くべきだったのか?なぜポイントを取られてしまったのか?あるいはなぜポイントを取ったのか?ということがよく見えてくる。

それを見極めたら、さっそく自分に足りない部分を練習しよう。[/su_note]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まだバドラー歴3年の孤独な大人ネコバド部長。1年目を過ぎたころから仲間ネコを集めて自主練の日々だ。バドミントンをしている時は素のネコになれるんだニャー。 目標は最強のネコバドラー。どんな相手だって受けてたつぞ。ニャー。