東京オリンピック バドミントン情報

2020年に東京オリンピックが開催される。

自分が生きている間に東京でオリンピックが開催されることはないかもしれない。

もしあったとしても40-50年後のことかもしれない。そんな未来に自分が生きているかもわからないし、生きていたとしてもオリンピックを実際に観戦することができないかもしれない。いやきっとできないだろう。

ということは2020年の東京オリンピックが自分にとっては東京で体験することができる最後のオリンピックだ。

幸い関東県内に在住している自分だから、東京オリンピックは容易に観戦できる。

これほどラッキーなことはない。

もちろん、バドミントンは絶対に観戦するつもりだ。

何といっても、現時点でのバドミントンはこれ以上ない、というぐらい盛り上がっている。

2018年には日本人にとって初めての、英国オープンで東野渡邊選手のミックスダブルスが優勝を遂げた。これには本当に驚いた。

さらにリオオリンピックで金メダルを取った高橋松友選手も健在だし、今急速に伸びている福島廣田ペア、そして田中米元ペアも必ず金メダル争いに食い込んでくると予想している。

シングルス女子では、山口選手が現在世界ランク2位。金メダルを狙える位置に十分いる。また、昨年末の全日本総合でみごと準優勝に輝いた大堀選手も急成長中。

また、男子シングルスでは、桃田賢斗選手が19位まであがってきている。彼は2018年もどんどんランクを上げていってほしいし、今年度から全日本強化選手に復活したから上位の大会にガンガン出ることができるため、今年はさらにポイント数を稼いでいけると思う。

さらに男子ダブルスでは現時点で世界5位の園田嘉村ペアも優勝、メダルを十分に狙える。
そして、そして、今年から楽しみがまたひとつ増えた。
それはミックスダブルス!!!

テレビ観戦や動画観戦した人も多いと思うが、なんと日本ユニシスの渡辺勇大選手と東野有紗選手が全英オープンで優勝した。
これは本当にすごいこと。なんといっても優勝を争った中国ペアは第5シード。しかも昨年度のデフェンディングチャンピオンだったのだ。

後日消去されてしまうかもしれないが、こちらが決勝戦の1時間22分の死闘の模様だ。

時間の許す限り、試合をすべて観てみてほしい。
この動画はとても見やすいので、四人の動きがとてもよくわかる。
女子や男子ダブルスと圧倒的に違うのは、とにかくクロスネットを多用していることだ。
それはそれは見事だ。
ミックスダブルスはクロスネットが肝なのかもしれない、というのがよくわかる。

そんなわけで、本日から新たに新メニューとして東京オリンピックを加え、色々な情報をシェアしていきたいと思う。

とにかく自分はなんとしてでも2020年夏、オリンピックのバドミントン試合の観戦をしたいので、今からオリンピック貯金をしておこうと思っている。少しずつ、少しずつ貯めていけば2年後には楽勝で閲覧チケットを入手できるはずだ。

予想している価格帯は、決勝、準決勝以外はおそらく5000円~10000円の間だと思っている。決勝は1万円以上になるかもしれない。それでも超人気チケットの価格ほどではないから、ちょっと飲み会代を2回ぐらいがまんすれば購入できる金額だ。

販売開始時期は約1年前~半年前と予測している。それ以前に予約登録というのがあるので、今年の夏ぐらいには何らかの発表があるはず。

バドミントンは日本人が大活躍する可能性のある競技なので、本当に楽しみにしている人も多いと思う。

争奪戦に負けないように、今から情報をしっかりと確認していこうと思う。

もちろんこのブログでも、新しく得た情報はどんどん流していくつもりだ。
大人バド部のみんな、2020年はバドミントン観戦して、一緒に日本人を応援しよう~。