タゴケン(田児賢一)のバドミントン動画と田児選手の今

あの、闇賭博の田児賢一元日本代表は今どうしてる?

最近のタゴケンの動画を観たことがある人は多いことだろう。

今年(2019年)になって、あの田児賢一元日本代表のバドミントン選手が始動しはじめた。

みんなは覚えているだろうか。田児選手(通称タゴケン)は2016年春に日本における闇カジノへの出入りが発覚し、日本のバドミントン界を無期限の登録抹消となり、事実上日本でバドミントンをすることができなくなってしまった。つまり日本から追放されてしまったのだった。

それから月日が経った。今彼はどうしているのだろう。

追放になってから、タゴケンはマレーシアのバドミントンプロリーグであるペタリンBCに声をかけてもらったことがきっかけで、マレーシアに移住しプロ選手として在籍していた。

その後のことはマスコミでも報道されなかったため、彼がどのような生活を送っていたかは知らない。

2019年4月、バドミントンのタゴアカデミー開講と動画公開!

そして今年2019年4月に、タゴケンアカデミーをクアラルンプールで開講したのだ。

タゴケンのオフィシャルサイトも立ち上げ、出張レッスンやコーチング、アカデミーの生徒などを募集している。

第一期生は10名前後で、8歳~10代の若者がほとんどだ。日本からも生徒が参加している。

そして今年秋ぐらいから、次々とバドミントンに関する様々な動画も公開するようになった。

アカデミーでの練習風景やタゴケンが自ら語るショットの極意、練習ゲームの様子、アカデミーの宿舎の紹介など、ここまで見せちゃって大丈夫?とハラハラするような内容もあったりするのだが。

公開してから数週間で登録数が3万人をこえ、現在は4万人以上が登録しているという人気動画となった。さらに多くの人が今後登録していくことだろう。

田児賢一は明るい

日本では闇賭博で選手生命を絶たれた、かわいそうな人、のような印象があり、日本のマスコミも相当彼のことを叩いてきた。

本人も精神的に不安定な時期もきっとあっただろう。

現役の日本代表時代は、スリムで軽やかだったのだが、自分があの時以来初めてみた彼の風貌は、「え?同一人物?」と思うほど太ってしまっていた。これはストレスから来るものだろうか、それともあまりにも不摂生な生活を送ってしまったためだろうか。

まあ、とにかく今の彼は太っている。

そして、明るい。

動画を観たことがある人ならわかるだろうが、とにかく彼は明るくてお茶目で、スパスパものを言う。

日本でプレーした時の印象とは真逆だった。

それにも驚いたのだが、いちばんびっくりしてしまったのは、彼の動画の内容だ。

特にショットについて語ってくれるその内容が、他のどのコーチも言ってくれないことで、しかもとても重要なことばかりだった。

大人バドミントン部のみんな、バドミントンがうまくなりたいと思ったら、彼に対するバイヤスを外し、絶対に彼の動画を観るべきだ。

フットワークの極意 タゴケンの言っている超重要なこと

最近の自分のお気に入りはこの動画だ。

この動画はフットワークの時に重要なことについて語ってくれている動画で、結構だらだらと長いのだが、言っていることはただひとつ。そしてとても重要。でもこのことを言ってくれているコーチは今までいなかった。長い動画であることを覚悟して、観てみてほしい。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まだバドラー歴3年の孤独な大人ネコバド部長。1年目を過ぎたころから仲間ネコを集めて自主練の日々だ。バドミントンをしている時は素のネコになれるんだニャー。 目標は最強のネコバドラー。どんな相手だって受けてたつぞ。ニャー。