クロスカットはかなり有効

クロスカットを極めた人がいる。

クロスカットは、自分の場合、スマッシュとの緩急をつけるために多用するが、なかなかよいクロスカットを打つことができない。

少しでも油断すると、すぐに相手ペアの前衛にやられてしまう。

本日対戦した練習ゲームでは、とにかくクロスカットを多用する人がいた。

あまりにも多用するとドロップが来ることを容易に想像できるのですぐに取られてしまうが、ペアがサイドバイの時に後ろに構えすぎてしまう人たちには有効だ。
また、普段はスマッシュばかりレシーブしている人たちにも有効だ。

さらに前後の動きが弱いペアにも有効だ。

多用してしまうと逆効果の場合も多いから、スマッシュとの併用でうまくカットを取り入れていくと相手ペアをほんろうすることができるのだ

そしてドロップやカットは、山なりの球になるのだが、その山なりの一番高いところを、自分のコートのサービスラインあたりに作ると、相手コートのネットぎりぎりに入れることができる。

本当に上手なカットドロップは、なかなか取るのが難しいのだ。

大人バド部のみんな

カットドロップを使っていない人は、ゲーム内で効果的に使うことを考えよう。
苦し紛れに打つクロスカットは相手に決められてしまうから、ここぞと思う時に使うといい。

ここぞ、という時は、打とうとする側のペアがかなり後ろに構えている時や、強いスマッシュを警戒して構えている時などだ。

こういう時ドロップをネットぎりぎりに送ると、たとえ取れたとしても、相手側からチャンスボールが上がってくる可能性が高い。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まだバドラー歴3年の孤独な大人ネコバド部長。1年目を過ぎたころから仲間ネコを集めて自主練の日々だ。バドミントンをしている時は素のネコになれるんだニャー。 目標は最強のネコバドラー。どんな相手だって受けてたつぞ。ニャー。