スマッシュを全部取られてしまう時どうしたらいいのか、簡単なコツに気がついた

本日の練習ゲーム対戦では、いつもは圧倒的に自分が勝っている格下男性Aさんと対戦した。

当然負けたことは一度もないから、今回も余裕だった。

格下Aさんがめちゃ調子をあげてきた

しかし自分が組んだ相手はまだ初心者レベルで、なかなかペアとしとは厳しい感じだ。

そして格下Aさんのペアはものすごいスマッシュ力とものすごいクリア力を持った女性だ。

さて、そんなわけだから試合はほぼ互角。

自分は格下相手だと思っているから、高い球は全部スマッシュで打ち返す。

ところが今日のAさんはめちゃくちゃ調子を上げていた。

自分が打ったスマッシュを、どうにかこうにか返してくるのだ。

10球のうち4球は拾えない。残りの3球は拾う、そして残りの3球はまぐれでものすごくいい球が返ってくるのだ。

打っても打っても、とにかくラケットに当ててくる。

そしてまぐれで入ってきてしまう。

まぐれで入るからほとんどはネット際だ。

だからこちらはなかなかうまく拾えない。

さらにAさんのペアは豪速球の持ち主だから、少しでも浮いた球は、すかさずバシっとやられてしまう。

劣勢の自分を冷静に振り返って出した答え

劣勢だ。

さて、どうしたらAさんの返球をかわすことができるのか、考えた。

自分が点数を取られた時は、ほとんどがAさんがまぐれで入れてくる、ひょろんとした球だ。

それが拾えない。

でも、その球を出す直前は、自分が思い切り強いスマッシュを打った時だ。

つまり、スマッシュはことごとく拾われてしまっていたのだ。

そこで、あ、忘れていた、ということに気が付いた。

シャトルに緩急をつける大切さをすっかり忘れていた

それはシャトルに緩急をつける、ということだ。

スマッシュばっかり打ってはいけないのだ。

スマッシュを打ったらドロップ、ドロップを打ったらスマッシュ。

スマッシュを打ったら、クリア、

という具合に緩急をつけ、変化をつけて相手の穴を作っていくのだ。

どうしてこんなことを忘れていたのだろう。

そこで、今度はスマッシュだけでなく、おもいきり後ろに張り付かせるために、クリアを打った。

すると案の定Aさんは後ろにざざっと下がってクリアを打ち返す。

そこですかさずドロップだ。

Aさんはあっさりミスをしてくれた。

こういう勝ち方のほうが、めちゃくちゃ楽に勝利することができる。

スマッシュばかり打っていては、こちらが疲れて、いずれはミスをして撃沈なのだ。

ゲーム、試合の時は普段やっていることがなかなか出せないが、冷静になって考えてみれば、すぐに対応できる案が浮かんでくる。

緩急をつけた戦い方が圧倒的な勝利を呼び込む

二試合目のペアとなってくれたのは、クリアとヘアピンを得意とするBさんだ。

その人は自分が3年前にバドミントンを始めたころ、すでに非常に上手で、自分とペアを組んだ時は、いつも申し訳ないと思いながらペアを組ませてもらっていた。

しかしいつの間にかその人と今ではほぼ互角に打つことができている。

それは自分の進歩としてとても嬉しい。

本日も、Bさんとは何度も組んだことがあるから、どんな戦い方をするかはだいたい想像がつく。

1試合目とは違って、Bさんは緩急のつけ方が非常にうまい。

自分は相手のいないところを選んでシャトルを打ち込む。相手側から甘くなった球が飛んできたら、Bさんの出番だ。

無理をせず、ネット際すれすれに冷静にポトンと落とすのだ。

これには相手ペアも拾えない。

拾えても体勢が崩れてしまっているから、こちら側の思うツボなのだ。

そういう戦い方をしたので、21対5で圧勝。

相手に取られた9点のうち、2本が自分のサービスミスだった。2本がBさんのネットミス、1本が自分のレシーブミスだった。

Bさんとのコンビネーションが非常にうまくいったと思ったのは、自分が後ろから打ってチャンスを作る、Bさんが前衛で決める、というパターン。

まるで松友と高橋のような戦い方だ。

 

[su_note note_color="#e1fca7"]

大人バド部のみんな 自分たちが攻めているのに、どうしても勝てない時は、 スマッシュばかり打ってはいないか?

まずは冷静に振り返ってチェックをしてみよう。

こちらが攻撃しているのに相手にことごとく取られてしまっていたら、 緩急をつける攻撃に変えることだ。

スマッシュ、ドロップ、スマッシュ、ドロップ スマッシュ、クリア、クリア、スマッシュというふうに 緩急と変化をつけてみるのだ。

クリアを打つ時は、不利な体勢からではなく、余裕を持って相手の陣形をくずすために打つのだ。

こういう戦い方が勝利を呼び込む [/su_note]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まだバドラー歴3年の孤独な大人ネコバド部長。1年目を過ぎたころから仲間ネコを集めて自主練の日々だ。バドミントンをしている時は素のネコになれるんだニャー。 目標は最強のネコバドラー。どんな相手だって受けてたつぞ。ニャー。