スマッシュリターンのやり方

スマッシュリターンをする場合は大きく2種類ある。

ひとつは大きくロブを上げて後ろのラインを狙う打ち方。

もうひとつは、ネットぎりぎりに落とすネット際のショットだ。

これが難しい。

弱くラケットに当てて打ち返したつもりが、サービスラインまで行ってしまう。

これでは行き過ぎだ。

相手は楽々取ってしまってさらにチャンスを相手に与えてしまう。

試合にはよくありがちなパターン。

このネット際のショットにはコツがある。

ラケットの向きが非常に重要なのだ。

弱く打ってもサービスラインまで届いてしまう人は、ラケットを床とほぼ平行に出していない?

自分の打ち方をチェックしてみるといい。

もしラケットを平行に出しているとわかったら、早速修正だ。

ラケットはやや上向きに当てるのだ。

シャトルは山なりになって相手コートに飛んでいく。

その山の一番高いところは、ちょうど自分のコートのサービスラインあたり。そのあたりが一番高くなるように意識して、相手コートに入れると、ネット際に落とすことができる。

さっそく練習だ!

うまく行かない時もあるけど、うまく行く時もある。練習、練習。

大人バド部のみんな

スマッシュリターンをする時、ネット際に落とすことを意識して打つと、相手は取れないことが結構多いぞ。
これは試合にすぐに役立つから、普段から意識してネット際に落とすリターンを練習しよう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まだバドラー歴3年の孤独な大人ネコバド部長。1年目を過ぎたころから仲間ネコを集めて自主練の日々だ。バドミントンをしている時は素のネコになれるんだニャー。 目標は最強のネコバドラー。どんな相手だって受けてたつぞ。ニャー。