三段階のスマッシュレシーブ練習法 バドミントン

今、ひたすらスマッシュレシーブの練習をしている。

以前はスマッシュをレシーブすることさえ大変だったが、最近ではレシーブは返せるようになってきた。

問題は、そのレシーブの返し方だ。

スマッシュレシーブの三段階の打ち方 第一段階め

初級レベルでは、相手のスマッシュを返すことはとても難しい。

何より上級者のスマッシュはすごく速いし、しかもとてもいいところを狙ってくるからだ。

練習の時は自分に向かってまっすぐ打ってくれるから返しやすいけれど、ゲームで速いスマッシュを打たれると大変。

その大変なスマッシュを、とにかくどこにでもいいから相手コートに入れる、と言う練習を行う。

これが第一段階だ。

相手がスマッシュを打ってくる直前に構えて待つ。

そして前すぎず、後ろすぎないちょうどよいところで、右に来ても左に来てもいいように構えて待つことだ。

そして、来た、と思ったらとにかくラケットをそっちのほうに出す。まぐれで当たるかもしれない。

そうやって慣らしていくことだ。

普段の練習では、相手のスマッシュを高くロビングする練習を行う。

焦って打ち返してはダメだ。

床につくぎりぎりまで少し待って、ワンテンポ遅らせて取ると、意外にきちんとロビングすることができる。

シャトルの球威は、床につく直前にいっきに弱まる。だからそこまで待って打ち返すといいよ。

第二段階、なるべくネットに近いところに返す

さて、とにかく相手コートに入れることができるようになってきたら、シャトルの力を利用して、低く当てて、なるべくネット際に落ちるように工夫する。

力を入れすぎると、すぐに相手コートの中央ぐらいまで飛んでしまうから、さらにもっと球威を殺し、ネット際に球を落とすようにコントロールする。

これが第二段階だ。

スマッシュをポトンと当てるのは、中級者ならなんとかできる。これでは相手に簡単に取られてしまう。

だから、ネット際を狙って、かなり前のほうに落ちるようにするのだ。

こうすれば、相手はかなり返球に四苦八苦する。

第三段階、白帯すれすれのネット際を狙う

これが究極の、スマッシュレシーブの最上位ともいえる返し方だ。

ネット際に落とせてもそれが浮いてしまっては相手から叩かれておしまいだ。

そうではなく、ネット際で、しかも白帯ぎりぎりの良い球を狙う。

これもかなり難しい。けど、がんばって練習してみよう。

これができるようになってくると、スマッシュレシーブだけで、1点をもぎ取ることができるようになるのだ。

大人バド部長
スマッシュレシーブを練習する時、さらにコントロール力を身に着けるような練習をしてみよう。

相手からスマッシュを打ってもらい、それをネット際ぎりぎりに返す練習を行うといい。

3人一組で、アタックレシーブの練習を行うのが効果的だ

その場合、前衛はヘアピンだけ、後衛がスマッシュ、反対コートのもう一人は、レシーブの練習を行う。

レシーバーからきたレシーブは、相手の前衛がヘアピンで返し、それを相手コート奥にロビングで返す。こうやって一人3分間ぐらいレシーブの練習をしてみよう。

何回もやっていくうちに、きっとできるようになるはずだ。数回であきらめてはいけない、50回、100回と理想に近づけるようにがんばってみよう。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まだバドラー歴3年の孤独な大人ネコバド部長。1年目を過ぎたころから仲間ネコを集めて自主練の日々だ。バドミントンをしている時は素のネコになれるんだニャー。 目標は最強のネコバドラー。どんな相手だって受けてたつぞ。ニャー。