スマッシュレシーブの極意

いままでスマッシュレシーブが高く奥に飛ばなかった。どう工夫しても全然だめ。ところが本日高く奥に飛ばすコツを教わったら、あら不思議。めっちゃとぶようになってしまった。

もっとも大切なのは腕を振ること

いままで、自分が気を付けてきたのは、腕を振らない、ということだった。スマッシュは速いので、準備をしている余裕はない。だからラケットを持つ手は、あくまでも自分の視界に入る範囲に置いておき、そこから腕を振る、ということを心がけていた。

これが大きな間違い、ということに気が付いた。

もっとも大切なのは、腕を振らないことではなく、腕を振ることだった。

肘を思いきり曲げること

腕を振るためには、肘を曲げて準備をしなくてはいけない。肘を曲げることで、腕は自然に後ろにいく。多少視界から見えなくなっても腕を曲げて準備をすることのほうが100倍大切だ。

この肘を曲げておくことは、すべての肝だ。肘を曲げないで構えているときと曲げて構えている時とでは、飛び方が全然違う。

肘を突き出すように構えてから打てば、まあ、それはそれはよく飛んでくれる。

スマッシュが来る前にバック側に腕を曲げておく

スマッシュが来る前に腕を曲げておく、これが何よりも大切。

スマッシュはとても速いから、相手が打ってから腕を曲げても遅いのだ。だから相手がスマッシュを打つ前から腕を曲げておくこと。バック側に腕を曲げておけば、バック、中央、フォアどこにきても打つことができる。フォア側に構えていてはバックに来た時間に合わない。

もし相手の球がスマッシュではなくドロップが来ても、バック側に構えておけば同じように対処できるだろう。

スマッシュレシーブの練習で肘の曲げを練習だ

スマッシュレシーブの練習で腕の振りを身に着けよう。腕を振ることを意識するのではなく、肘を曲げることに意識を向け、スマッシュが来る前にはやめに構えることだ。

そこから腕を振って打てば、必ずよく飛んでくれる。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まだバドラー歴3年の孤独な大人ネコバド部長。1年目を過ぎたころから仲間ネコを集めて自主練の日々だ。バドミントンをしている時は素のネコになれるんだニャー。 目標は最強のネコバドラー。どんな相手だって受けてたつぞ。ニャー。