バドミントンの新サービスルールは、床から115cm

もしかしたら知っている人が少ないかもしれない、バドミントンルールのサービスのルール改正の可能性。

今年から11点制になる、という話はすでにお伝えした通り。すでにいくつかの国際大会ではこのルールを導入し始めている。
一度決定されてしまえば、我々一般のバドラーにもこのルールが適用される日は近いはずだ(正式には5月に開催されるBWFの年次総会で決定される。)

でも、このルール改正と同時に、サービスのルール改正も合わせて行われることを知っているだろうか?

今のルールだとサーバーはシャトルを打つ時、腰の高さより低いとこから打たなければならない、という規定がある。もっと詳しく言うと、

シャトル全体がサーバーのウエストサーバーはラケットでシャトルを打つ瞬間、シャトル全体がサーバーのウエストより 下でなければならない。 ウエストの高さとは肋骨の一番下の高さだ。

これは結構曖昧なことが多く、国際試合では少しでも高くなると、すかさず審判からコールされてしまう。でもこれは審判によっても判断がまちまちだ。

さて、新しいルールは、なんと腰の高さではなく床から1.15mより下、から打たなければならない、ということになる。

えー、これって。

その人の身長に関わらず一律この高さだ。

ということは、極端に言うと、とっても背が高い人は、とっても低いところから打たなくてはいけなくなる。もしかしたら腰の高さよりも低く打たなければならない可能性もあるのだ。

逆に背の低い人は、胸のあたりで打ってもよい場合もある。たとえば小学生低学年なんかだと、めちゃくちゃ高いところから打つこともできるのだ。

小学校1年生の平均身長は120cmぐらいだから、110cmというとほぼ頭のところまで行ってしまう。

まあ、小学生の大会でこれが適用されるかは知らないが、少なくてもこの導入によって背の高い人は結構大変になってしまうだろう。

逆に背の低い人には、ショートサービスがかなり楽になることは間違いない。
(今のところジュニアにも導入するかどうかはBWFからは明言されていない)

ちょっと測ってみたのだが、[su_highlight]身長160~163cmぐらいの人の115cmというのは、ほぼ胸の高さとなる。[/su_highlight]

だから150cmから165cmぐらいの人は、胸の高さまでシャトルを持ってきて打つことが可能となるのだ。

170cmぐらいの人でもおへそより上となる。

しかし180cm,190cmの人は、腰より下から打たなくてはいけないことになり、かなりサービスが打ちづらくなることは必至だ。

そしてもうひとつ問題がある。

それはジャッジの難しさだ。

腰より下、というのは選手によって違うし、腰の高さが判断の基準になるからすぐにわかるのだが、床から115cmというのは、どうやって判断するのだろう。すごく難しいように思う。

選手の足や洋服に目盛りが付いているわけでもないし、115cmの高さがその選手のどのあたりか、というのはどのように判断できるのだろうか、と思う。

面白い動画がある。 Viktor Axelsenという選手をご存知だろうか。彼の身長は194cmもある。バドミントンの世界でも1,2を争う高身長の選手だ。

その彼が、こんなルール、ばかげているよ、とする動画を投稿している。

このルール改正は、2018年3月以降からすでに色々なところで実験的に適用されている。

まず一発目はユーバー杯、ついで先日行われた大興奮した、全英オープン2018。この大会ではこのルールが適用されている。

動画やテレビの中継を観た方は気が付いただろうか?

背の低い女性が、腰より上からサービスをしていた場面を。

それがこのサービスのルール改正の実験的導入だったのだ。

このサービスルールの変更は、ジュニア選手権を除き、グレード1に位置付けられるすべての国際大会で今年いっぱいをかけて実験的に導入されるという。

これってすでに2017年11月にBWF(The Badminton World Federation)が発表していたことだから、皆知っていると思っていたが、意外に知らない人が多かった。
ルール改正さえも、へえ、そうなの?という感じ。

まあ、国際レベルのバドミントン選手達には知らない人はいないだろうが、草の根レベルの我々にとっては、まだまだ遠いことなんだな。

でも、来年(2019年)あたりからは、きっと一般人の間にも、そういうルールを適用するところが出てくるのだと思う。

さらにまだルール改正があるのだが、これらはあまり我々には関係ないかもしれない。

ひとつは、一試合でのコーチの指導を減らすというもの。いままでは、11点のブレイクタイムの時に一回、コートチェンジの時に1回コーチングが許されていたのだが、新ルールではこれが減る。

そのほかトップ選手の、年間のイベント参加数も義務付けられ、不参加の場合ペナルティが下される。など、いろいろなルール改正がある。

[su_note note_color="#fff266"]

大人バド部のみんな [su_highlight]

今回のルール改正によって、我々にとって重要なのは、以下のふたつ

11点5セットマッチ制

サービスは床から115cm以下から打つ[/su_highlight]

この二つは覚えておいて損はない。[/su_note]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まだバドラー歴3年の孤独な大人ネコバド部長。1年目を過ぎたころから仲間ネコを集めて自主練の日々だ。バドミントンをしている時は素のネコになれるんだニャー。 目標は最強のネコバドラー。どんな相手だって受けてたつぞ。ニャー。