バドミントン ダブルスゲームのサービス周りパターン練習

本日のバドミントンダブルスの自主練では、再度サービス周りのパターン練習を行った。

行ったのは二種類のパターン練習 これはゲームや試合ですぐに使えるものなので自主練メニューに加えることをお勧めする。

1. ショートサービスからの前衛周り

ショートサービスのリターンを、より戦略的に返す自主連だ。

ショートサービスを出されたら、左右のハーフアレイに返す。

もっとも取りにくい場所だ。

ハーフアレイに返されたら、さらにクロスネットで反撃する。

そしてさらにそれをクロスネットで返していく、という三段階の練習。

実際にやってみると、ネットを超えない人が多数続出。

また、ハーフアレイに出す時、球が浮いてしまう人も多かった。

これはさらに練習していく必要があるだろう。

 

2. 攻撃と守りに分かれて行うパターン練習

ダブルスでは定番の練習メニューだ。

片方が攻撃側、片方が守備側に分かれる。

攻撃側からサービスする時は必ずショートサービスでスタートする。

リターン側は必ずロブをあげる。

攻撃側は必ず左右のアレイへのドロップかスマッシュを行う。

守備側は、ロブで高く奥に返し、なるべく後衛を動かす場所に球を送る。

この繰り返しだ。

 

練習の成果がゲームに現れる

毎回自分が考えた色々なパターン練習をみんなにやってもらっているのだが、一番うれしいのは、練習をやったあとにそれをゲームでうまく使えた時だろう。

今日も、最初のサービス周りの練習がゲームで活用できている人が何人もいた。

サービスをリターンする時、すぐロブをあげてしまう人が多いのだが、本日の練習によって、上げずにハーフアレイに返すことが点数に直結することをわかった結果だ。

ハーフアレイはとても返しにくい場所なので、有効に活用してほしい。

そして攻撃と守備のパターン練習では、強いスマッシュを相手コート手前に返したり、後衛の手の届かないところにロブをあげたり、と守備側の良い練習になった。

攻撃側は、いくら振られても確実に攻撃ができるように、攻撃ミスを減らすように練習したい。

 

[su_note note_color="#e1fca7"]

大人バド部のみんな

今回紹介した二つのダブルス用パターン練習は時々やると良いと思う。

ダブルスの肝は、いかに空いたスペースにシャトルを運ぶか、ということと、相手陣形をいかに崩すか、ということを考えながら球を打っていくことだ。

これらのパターン練習で、そのコツを少しでも掴んでいこう。[/su_note]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まだバドラー歴3年の孤独な大人ネコバド部長。1年目を過ぎたころから仲間ネコを集めて自主練の日々だ。バドミントンをしている時は素のネコになれるんだニャー。 目標は最強のネコバドラー。どんな相手だって受けてたつぞ。ニャー。