バドミントンのダブルスゲーム サーブレシーブのコツはロビングしない

自分の欠点、それは相手からのサービスを安易にロビングしてしまうことだ。

なぜかロビングが一番楽だが、有名選手のサービス周りを見てみると、ロビングをすることは非常に少ない。

しかし我々の場合は圧倒的にロビングが多い。

これはなぜだ。

考えるに、ロビングをするのが一番楽だからだ。

ロビングをしないレシーブとは、つまり攻撃だ。

それはミスをするかもしれないというリスクがより多く伴う。

たとえばサービスを、相手のいないほうにヘアピンで返すのは、簡単なようで難しい。

また、相手のサービスが少しでも浮いたら、そのままプッシュする。これもかなりのリスクが伴う。

だから、ショートサービスならロビングするのが、ネットにひっかけることもなく、リスクが少ないのだ。

しかし、それでは勝てない。逆に相手からスマッシュを打たれてしまう。

ローテーションやパターン練習ではサービスの練習をすることが少ないので、本日はサービスから三本までの自主連を徹底的に行ってみた。

決まり事は以下のように打決めた。

サーブは相手のバックを狙う

レシーブは相手のバックを狙う

レシーブされた球は相手のいないスペースを狙う。

サーブレシーブのロビングは禁止

ロングサービス禁止 必ずショート

 

以上の条件下で早速自主練開始だ。

この自主練を通じて気が付いたのは、やはりリスクを冒してもつなぐレシーブではなく、攻撃的レシーブをしたほうが、圧倒的に有利になるし、相手の陣形を崩すこともできる、ということだった。

 

[su_note note_color="#fff266"]

大人バド部のみんな

時々サービス周りの自主連をするといい。

特にサーブレシーブは、相手コートのハーフを狙う。

ハーフは後衛と前衛の真ん中なので、どちらが取るか一瞬迷ってしまうので、もっとも取りにくいところだ。

ぜひサービス周りの練習を時々取り入れてみよう。[/su_note]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まだバドラー歴3年の孤独な大人ネコバド部長。1年目を過ぎたころから仲間ネコを集めて自主練の日々だ。バドミントンをしている時は素のネコになれるんだニャー。 目標は最強のネコバドラー。どんな相手だって受けてたつぞ。ニャー。