スディルマン杯2019 日本 準優勝

うーむ。悔しかったに違いない。

日本は中国とファイナルを戦い、結果的に3戦全敗で準優勝となった。

今年は、初の優勝がかかっていたのだが、またもや中国に負けてしまったのだ。

男子ダブルスの結果

遠藤/渡辺 18-21

10-21

Li/Liu

一戦目は、遠藤×渡辺の男子ダブルスだった。二人はとても良い戦いをしたのだが、相手選手は二人ともとても大柄な上に、ガンガンスマッシュを打ってくる。

いっぽう、遠藤×渡辺のプレイスタイルはレシーブから形を作っていく。だから相手のスマッシュを何度も何度もしのいで、良いレシーブを打ち返していたのだが、結局相手を崩すことができなかった。最後のほうは声援がすごすぎて、シャトルの音も聞こえないぐらい。プレイにも影響が出たように思う。

女子シングルスの結果

山口茜 16-21
17-21
Chen Yufei

第一ゲームは良い形で取ったのだが、中国の声援に押されてChenが後半になるについれてどんどん息をぶり返してきた、という形だ。中国の歓声に勇気をもらった、という感じがした。お互いに良いプレイが出ていたのだが、後半になるにつれて山口のショットの精度が落ちていった。

男子シングルスの結果

桃田賢斗 21-15
5-21
11-21
Shi Yuqi

大誤算だったのは男子シングルスの試合だ。桃田選手は絶対に取ってくれる、と思っていたのだが、蓋を開けてみると、なんと2ゲーム、3ゲーム目は惨憺たる結果だった。

あの桃田選手がまさかの5-21で2ゲーム目を落としてしまった時には、目を疑ってしまった。3セット目も元にもどらず、結局11-21で負け。

なんということだ。

2ゲーム目から、相手の選手はどんどんスマッシュを打ってきた。一方桃田選手は長いラリーに持ち込もうと、結局最後の最後まで本気のスマッシュを全然打ってくれなかった。観ていてヤキモキするぐらいだった。なんでチャンスの時にスマッシュを打たなかったの?

そんなわけで、日本は中国に悔しい負けを期してしまったのだ。

あーあ。

本日は日曜の午後で忙しい時間なのに、あえて2時から夕方までテレビにへばりついて応援していたのだが。残念すぎる。

本当なら、実はその後に行われるはずだった女子ダブルス出場予定だった、永原・松本選手と、さらにその後の渡辺・東野選手の試合がとても見たかった。

スディルマン杯は2年に1回行われる。再来年にリベンジを誓おう。

ニッポン、ガンバレ~。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まだバドラー歴3年の孤独な大人ネコバド部長。1年目を過ぎたころから仲間ネコを集めて自主練の日々だ。バドミントンをしている時は素のネコになれるんだニャー。 目標は最強のネコバドラー。どんな相手だって受けてたつぞ。ニャー。