リターンの場所を工夫すれば点数が取れる

リターンはサーブの次に重要だ。

相手のショートサービスがちゃんとサービスラインを超えるかどうか、まずはそこを見極めなくてはいけない。

とにかくみんなショートサービスを必ず返すことに必死で、そのサービスがちゃんと入っているかどうか、あまりよく見ていない。

どうみても入っていない場合はラケットを引こう。

これだけで1点奪えるのだ。

さらに、コートに入ってきたシャトルをどこに送るのか。

これが非常に重要だ。

そのシャトルの送る場所によって、次のゲーム展開が変わってくるからだ。

もし相手がショートサービスをフォア側に送ってきたら、こちらはストレートのコート中央めがけて送るか、相手のポジションが後ろであれば、まよわずネット際に落とす。

これで一点。

もし相手が苦し紛れにさらにヘアピンで返してきたら、クロスコートにヘアピンを送る。これでだいたい1点もぎ取れることが多い。

もし相手のサービスが浮いていたら、まよわずたたく。もしくは、(自分は成功の確率が今のところきわめて低いのだが)ワイパーショットでコートストレート中央か後ろに強力なプッシュを送る。

これが決まれば相手からは、わりとチャンス球が返ってくるのだ。

ロングサービスの場合は、すばやく後ろに移動してスマッシュだ。

スマッシュの場所はとにかく相手コートをよくみること。

相手サーバーのバック側が打ちどころ。ストレートのアレイを狙う。

相手がレシーブのために下がりすぎてしまっていたら、ネットぎりぎりを狙ったドロップだ。

相手がなるべく取りにくいドロップをうとう。

このように、レシーブの仕方で、こちら側がいくらでも有利になるようなショットを打つことができる。

何も考えないでリターンをしていると、必ず相手から1点を奪われる。

リターンは本当に重要だ。

大人バド部のみんな

普段からリターンの場所をよく工夫しながら打とう。

一番の狙い場所は、後衛と前衛のどちらが取るか迷ってしまうハーフのアレイだ。

日ごろから、相手が打ちにくい場所はどこか、を探りながら打っていけば、必ず相手の苦手な場所が見えてくる。

そうすれば、簡単にリターンで一点を奪えるのだ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まだバドラー歴3年の孤独な大人ネコバド部長。1年目を過ぎたころから仲間ネコを集めて自主練の日々だ。バドミントンをしている時は素のネコになれるんだニャー。 目標は最強のネコバドラー。どんな相手だって受けてたつぞ。ニャー。