レシーブを奥に深く上げたい、そのためにはどうしたらいいの?

攻撃している後衛を崩すために、レシーバーは左右に振ってチャンスをうかがう、もしくは相手からのカウンターを狙う、という練習を行った。

ところがここで誤算。

レシーブ力が弱いメンバーが多いため、レシーブが後衛まで届かないのだ。

これでは簡単にやられてしまう。

レシーブを使い分ける

レシーブは大きくわけて3種類、高く奥に上げる方法、ネット際に落とす、カウンター気味に相手のいない空スペースにやわらかい中途半端な球を送る、というやり方がある。

これらは状況に応じて使い分けていくのだが、手前に落としたり、前衛と後衛の中間地点に落としたり、ということは練習ではそこそこ打てる。

しかし、来たスマッシュを奥の深いところに打ち上げるのは難しい。

これらを柔軟に使い分けしながら戦わないと、決して上級者には勝てない。

高く奥に送るレシーブの打ち方コツ

もう何度もこのブログの登場してくる、レシーブを高く奥へ送る方法。

練習もしているし、いろいろな打ち方も工夫しているのだが、まったくもって自分が納得するレシーブを打てたためしがない。

自分が考えているコツはこうだ。

これらは様々なコーチの話を総合して、こうだろう、とまとめたレシーブのコツだ。

  1. 打つ時は体のかなり前のほうで打つ。お腹周辺にスペースを作る感じだ。シャトルは自分のほうに引き付けて打っては決して高く奥に飛ばすことができない。
  2. 打つ直前に腕を引いてはいけない。後ろに腕を持っていってからシャトルを打つと必ずワンテンポ遅れてしまう。
  3. シャトルを直前まで凝視する。うまい人ほど直前ぎりぎりまでシャトルをしっかり見ている。打ち損じを避ける。
  4. 球の勢いが落ちるところを狙う。球は下の落ちる時、角度が変わる。床に近づくすれすれのところで失速するのだ。そこ
  5. 腕は振るのではなく、押し出す。
  6. おへそは相手のプレーヤーに対して正面を向いている感じだ。まだまだあるかもしれないが、自分が普段気を付けていることは以上だ。

奥に飛がせない理由はなぜか?

奥に飛ばせないのは上記のコツのどれかが欠けている場合が多い。

他の自主連メンバーの様子を見ていると、だいたいが羽根と体がが近づきすぎている場合が多い。

また早かったり、遅かったりと、打つタイミングが合っていない。だいたいの場合は、遅い。

それから、打とうとしている。打とうとしてラケットと格闘している感じだ。

上手な人の打ち方を見ていると、実にスムーズ

決して、打とうとしていない。

シャトルの弾道に合わせてラケットを少し引き、決して体の後ろまでラケットは引かず、身体の前でシャトルをとらえて当てている、というイメージだ。

さあ、練習してみよう。

(名前)
レシーブを奥まで飛ばすっていうのは、本当に難しいんだけど、コツをつかむまで何度も、何度も、何度も練習あるのみよ。肘の柔らかさも大切だから、普段から肘を使うことを意識するといいわね。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まだバドラー歴3年の孤独な大人ネコバド部長。1年目を過ぎたころから仲間ネコを集めて自主練の日々だ。バドミントンをしている時は素のネコになれるんだニャー。 目標は最強のネコバドラー。どんな相手だって受けてたつぞ。ニャー。