バドミントンができなくなる怪我や病気の予防方法は、意外に簡単だ

季節の変わり目には風邪をひきやすい。

自分も例外ではない。すっかり風邪をひいてしまい、参っている。

幸い今日は土曜日だから、他の雑事を後回しにして、休息を最優先にしている。

明日もバドミントンだから、なんとか本日中に直したいのだ。

さて、バドミントンをやる上で、色々な体調不良に陥ることも少なくない。

バドミントンができなくなる要因 怪我

怪我には細心の注意が必要だ。怪我は誰でも起こる可能性がある。

若いからといって怪我になりにくいというとはない。現に先日も20代の若者がアキレス腱を切ってしまったばかりだ。彼はしばらくリハビリをしなくてはならず、歩くことも困難な毎日を送っていて、杖が手放せない。

やがては治るとは思うが、その間はバドミントンはもちろん、軽い運動もすることができないぐらいなのだ。

またもう一人の知人は、バドミントン以外のところで、段差で足をつまずきアキレス腱を切ってしまった。

痛いとは思ったそうだが、しばらくはまさかアキレス腱を切ったとは思わなかったと言う。あまりに痛くて病院に行って初めてわかったそうだ。

そんなこともあるんだな。

怪我から極力身を守るために心がけること

怪我はふいにやってくる。

でもそういう時は、必ず原因があるものだ。

たとえばバドミントンの前に準備体操をしていなかった、というのはよくあること。

準備運動をしないでいきなりやる人も時々見かけるのだが、あれはいけない。

普段バドミントンをやっている人は必ず準備体操を行うが、遊びでやる時は、体操をスキップしてしまいがち。

かならずがっちり準備体操を行おう。

それと、水分補給。これ大事。

冬はもちろん、これから暑くなる夏だから、ちょこちょここまめに水分を取ることだ。

足がつったりするのは、水分が少ないせいの時もある。

熱中症もしかり、だ。

しっかり準備体操をやって水分も取る。これらはいつでもできることだからしっかりやっておこう。

バドミントンができなくなる要因 病気

特に風邪が一般的だ。

自分も今風邪をひいているのだが、なぜ引いたのか、わからない。

夜更かしを続けていたわけでもないし、不摂生をしていたわけでもない。しかし引いてしまった。

直すには十分な睡眠と休息が必要だ。そしてミネラルやビタミンがたくさん含まれている果物や生野菜を食べる。

肉や加工商品は極力減らし、もちろんお酒類も飲まない。

それでも直すには一週間ほどかかってしまう。

風邪をひかないようにするには

風邪をひかないようにするには免疫力を高めておくことに尽きる。

免疫力を高めるのに重要なのは、何を食べるか、だ。

体を酸性に傾かせるような食べ物はなるべく避ける。

体は常に弱アルカリ性を保とうとしているため、それと逆のものを食べてしまうと、体に負担がかかってしまう。

特に砂糖がたくさん入っているものや、高加工食品は避けたい。

クッキーやケーキなどの甘いものや、嗜好食品類だ。カップラーメンなどもなるべく避ける。

その代り積極的に取り入れたいのは、生のフルーツから摂取できるビタミンやミネラル。

そして抗酸化力の高いクロロフィル類の摂取だ。そのために葉野菜は欠かせない。

また発酵食品も有効だ。腸の環境をよくすることで体が元気になる。

特に発酵食品の中でも麹を使った食品を取り入れるといい。味噌や醤油、塩麹や醤油麹などの調味料も取り入れる。

糠漬けやべったら漬けなども体に良い。

また、腸内環境をよくするための食物繊維も積極的に摂りたい。食物繊維がたくさん摂れる身近なものとしては、蒸かしたサツマイモだ。

これを食べると自分はかなり質の良い○○ちが出る。

バドミントンができなくなる要因 精神的ストレス

仕事が忙しくて、運動をする精神的余裕がないという場合もある。

また、心配事や家庭内トラブルがあって、バドミントンどころではない、という時もあるだろう。

バドミントンをやりたい、続けたいと思ったら、そういう問題もできるだけ起きないように、また仕事のストレスも抱えないようにすることが大切だ。

不可抗力的な問題は論外だけれど、自分がコントロールできるものについては、なるべく問題解決に向けて努力してみよう。

仕事のストレスは、仕事が終わったらいったんは忘れよう。心配ばかりしても問題は解決しない。

それよりも硬直しきった頭と体を解放させるほうが前向きに考えられる時だってある。

それは家庭内トラブルも一緒。何かに悩んでいる時こそ、いったんそこから離れて、スポーツで汗を流してはどうだろうか。

[su_note note_color="#fff266"]

大人バド部のみんな

バドミントンを続けられない要因は、自分でコントロールできるものは全部排除していこう。

特に風邪をひいたり、怪我をしてしまわないように日ごろから細心の注意を払おう。

また、ストレスや心配事などは、いったん忘れて、あらたな気持ちになるためにも、体を動かそう。  [/su_note]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まだバドラー歴3年の孤独な大人ネコバド部長。1年目を過ぎたころから仲間ネコを集めて自主練の日々だ。バドミントンをしている時は素のネコになれるんだニャー。 目標は最強のネコバドラー。どんな相手だって受けてたつぞ。ニャー。