プッシュでもっとも肝心なこととは

プッシュ。

普通に練習している分には全然大丈夫なのだが、実際のゲームの時はミスすることがとても多い。

ネットを超えないことも多々ある。

必ず成功させたいと思ったら、球をよくみておかなくてはいけない。

プッシュがちゃんとネットを超えるためには、コルクが床と並行になっている状態の時に打つことだ。

コルクの先が少しでも下のほうに向いてしまったら、いくらプッシュをしてもネットにひっかける可能性が大なのだ。

だから、プッシュの時は、ワンツー、で打つ。

今日も練習時、プッシュを打つタイミングが遅すぎると注意を受けた。

自分ではワンツーで打っているつもりだったが、やはりシャトルが下のほうに向く時に打ってしまっていたようだ。

だから、とにかくプッシュは早く打つことが肝心だ。

試合中、ゲーム中にシャトルが速すぎて見ていられない時は、極力早めに打つことだ。

シャトルが下を向いてしまわないうちに。

[su_note note_color="#fff266"]

大人バド部のみんな

プッシュの成功率を高めるためには、ワンツーで打つ。

このリズムが大切だ。

ワンツーと言っても、のんびりしたワンツーではなく、速いワンツーだ。

しかもシャトルが床と並行になっている間に打たないと、シャトルが下向きになってしまい、その時点で打ってもネットにひっかけてしまうだろう。

プッシュがきちんと素早く打てるように、ペアの人に手投げでシャトルを出してもらって練習しよう。[/su_note]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まだバドラー歴3年の孤独な大人ネコバド部長。1年目を過ぎたころから仲間ネコを集めて自主練の日々だ。バドミントンをしている時は素のネコになれるんだニャー。 目標は最強のネコバドラー。どんな相手だって受けてたつぞ。ニャー。