上達するプロセスを大切にしよう

誰でも最初はヘタだ。

自分も最初は、バドミントンラケットの持ち方さえ知らなかった。クリアという言葉も知らなかった。

そんなところからスタートして3年以上がたった今は、ゲームを楽しむことができるようになった。

ただ、打ち方がわかってくるにつれて、常に頭の中にあるのは、もっとうまくならなくては、ということだ。

毎日毎日、上手くなりたいと思っている自分がいる。仕事をしている時も時々バドミントンのことが頭に浮かぶ。

しかしどんなにうまくなりたいと焦ってみても、どうなるものでもない。

ところが最近の自分はこう思っている。

上手くなるプロセス自体を楽しもうではないか。

すでに上手な人は、上達の速度がゆっくりだ。

ところがヘタであればあるほど、上達の速度が加速する可能性が高い。

つまり自分の努力がすぐに形になって表れやすい、というのがヘタな状態の自分なのだ。

だから、それを楽しもうっていうわけだ。

そう考えると、とても気が楽になった。

仲間たちとバドミントンをやった時、いつもならミスをした時には悔しさばかりが先に立つのだが、プロセスを楽しもう、という気持ちでいると、次回はこのミスをしないために、ここをこういうふうに気を付けてみよう、という前向きな気持ちが先に立つ。

これは自分にとって進歩、なのだ。

大人バド部のみんな

上手くなるためのプロセス自体を楽しもうではないか。これもバドミントンをする醍醐味だ!

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まだバドラー歴3年の孤独な大人ネコバド部長。1年目を過ぎたころから仲間ネコを集めて自主練の日々だ。バドミントンをしている時は素のネコになれるんだニャー。 目標は最強のネコバドラー。どんな相手だって受けてたつぞ。ニャー。