ソフトジムボールをバドミントントレーニングに利用

ソフトジムボールボールを購入した。

大きさによって値段も違うが、自分はこれを購入。

なぜ購入したかというと、これも昨年末から痛めている、膝のリハビリのためだ。
リハビリといっても、これは膝の筋力強化につながる優れもので、自分が通っているスポーツ系整形外科のお医者さんのお墨付きなのだ。
膝のリハビリ用に教えてもらったのはこうだ。

まず、普通ならボールをパンパンに張って丸い状態にして使用するのだが、自分の場合は、そうではなく、半分ほどしか空気を入れない。

足を乗せるとこんな状態。

かなり沈む。

やり方は、バドミントンの体操の時によくやるような、まっすぐ立って、足を交互に出して、膝を90度ぐらいまで曲げる要領。

これをボールの上に足を乗せて膝を90度に曲げるのだ。

とても不安定だけど、ふんばってなんとか膝を曲げる。

これがとてもよいリハビリになるのだ。

不安定な状態で、安定した状態を保とうとする力が膝周りの筋力とバランスを保つ力をつけてくれる。これを1日10-20回ほどやる。

さらに、普通の使い方としては、お尻をついた状態でボールを足に挟んだり、あおむけに寝て、ボールを足先で挟んで持ち上げたり、使い方によって筋力、ストレッチ、そして体幹トレーニングのみっつができる。

たとえばこれは腹直筋を鍛える方法。簡単だけれどかなりきついぞ。

体幹トレーニングも簡単にできてしまう。これは面白いので、ぜひ真似してみてほしい。

実は、自分は大きなバランスボール(椅子のようにして座れるぐらい大きなヤツ)も持っているのだが、こちらのほうが断然使い勝手がいいい。

そもそもでかいバランスボールは置き場所に困ってしまう。

どでかい家に住んでいれば気にならないだろうが、うちはなんといっても極小小屋だ。あのでかいバランスボールは、本当に置き場所に四苦八苦だ。

でもこのソフトジムボールは、手のひらより一回りぐらい大きな、ハンディタイプ。

でも機能は充実だ。これほどよいものはない。早く買えばよかった。

今日からリハビリ兼体幹と筋力トレーニングに励むぞ。

大人バド部のみんな

自宅で手軽にできて、しかも持ち運び便利はソフトジムボールはお勧めだ。
この大きさなら、ラケットバックにも十分に入るから、まったく置き場所に困らないぞ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まだバドラー歴3年の孤独な大人ネコバド部長。1年目を過ぎたころから仲間ネコを集めて自主練の日々だ。バドミントンをしている時は素のネコになれるんだニャー。 目標は最強のネコバドラー。どんな相手だって受けてたつぞ。ニャー。