上手くなるためのもうひとつの条件

前回書いた、ゼロから3年でどのくらいまくなるのか?の記事の最後に、”そして、3年でどれだけうまくなるのかは、置かれている環境や年齢や週何回できるのか、といった物理的条件だけでなく、実はもっともっと重要な要素がある"。と書いた。

それをぜひとも話したい。

10代で始めた人、20代で始めた人、50,60,70代で始めた人には、それぞれの始めたきっかけがあるだろう。
10代前半なら、地元のジュニアクラブや中学のバドミントン部が圧倒的に多い。

20代なら、もしかしたら不純な動機、かもしれない。
30代なら、運動不足解消の手頃なスポーツ、周りがやっているから仲間作りのために、なんていうきっかけもあるだろう。

50,60,70代なら、女性なら子育てが終わって自由な時間ができたから。 男性なら、昔やっていたのでまたやりたくなって、という人もいるだろう。
60の手習い、70の手習いで何かを始めたかったから。という人もいるかもしれない。

バドミントンは続けないと上手にならない。ゼロから数か月でビシバシ打てるようになる、というのは考えにくい。
だから、なおさら、続けるための、立派な理由、が必要になるのだ。

それがモチベーションとなる。

モチベーションがなければ続ける理由もなくなる。
でも上手くなるためには、とにかく続けなくてはいけない。

モチベーションは、どんなものでもかまわない。とにかく続ける理由を脳に叩き込む。

すると、努力をするようになる。
それは他の人の一歩先を行くことになる。

その努力を続ける。
すると、他の人の3歩先を行くことになる。

こうやってうまくなるスピードが上がっていく。

つまり1歩踏み出せら、堀江貴文さんのゼロではないが、ひとつ、またひとつと足し算をしていくのだ。

モチベーションは何でもいい。

たとえば来年県大会で優勝する。

3年程度の実力なら、せいぜい1勝だから、大会に出て1勝する、でもいい。

いや、必ずしも大会に出ることではなくてもよい。

来年の今頃までには、〇〇さんと対戦した時は必ず勝つ、半年以内に、クリアの距離をエンドラインまで伸ばす、でもいい。

モチベーションのコツは、より具体的に設定しておくことが肝心。
大会で勝つ、ではなく、大会で優勝する。
クラブ内の対抗戦で勝つ、ではなく、次回のクラブ対抗戦で必ず3勝する。 なのだ。

とにかく具体的なモチベーションが、その人の技術も精神力も上げていく。

モチベーションがない人は、現状維持のままだ。現状維持はイコール退化を意味する。まわりの実力は上がっているのだから。

練習していく中で、日々のゲームの中で、バドミントンと向き合う中で、モチベーションが設定されていく。

早くうまくなりたいなら、強力な、ゆるぎないモチベーションを持つことだ!

大人バド部のみんな! モチベーションは持っているかい?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まだバドラー歴3年の孤独な大人ネコバド部長。1年目を過ぎたころから仲間ネコを集めて自主練の日々だ。バドミントンをしている時は素のネコになれるんだニャー。 目標は最強のネコバドラー。どんな相手だって受けてたつぞ。ニャー。