バドミントン 人のいないところに打つトレーニング

本日は初めての人と組み、初めての相手ペアと対戦した。
相手ペアは比較的簡単に勝てる相手、と判断した。

それは相手の動き方、球の打ち方、サーブの出し方、スマッシュやドロップの打ち方、瞬時の判断の速さ等からそう認識したのだった。

ところが実際に試合をしてみると、点数を取るのに意外に苦労してしまった。

その要因はいくつか考えられるのだが、その中でもっとも深刻だったのは、自分が相手のいる方に球を送ってしまうことだった。

なぜだ。

相手のいるほうにスマッシュを打ったり、相手のいるほうにクリアを打ったり。

体が勝手に反応してしまうのだ。

逆だろう~!!!

普段は相手のいないところに球を送ることを肝に命じているのに、実際のゲームになると、相手を見てしまい、自動的にそちらにシャトルを送ってしまうのだ。

そして送った直後に気が付く。

あっちに打っちゃいけないのに!

これはいけない。

なんとかならんのか。

この、相手にシャトルを送る癖!

いろいろネット情報から拾ってみようと、調べてみた。

結局ネットでは、人のいないところに打つための良い練習法を探すことはできなかったのだが、気が付いたことがあった。

それは、普段行う基礎打ちについてだ。

自主連の時は必ずウォーミングアップを兼ねた基礎打ちを1対1で行う。教室の時もだいたい最初はそれだ。

それがいけないんじゃないか?

相手に対して打つ、という癖をここでつけてしまっているのだ。

だから基礎打ちについては本当に最小限にとどめ、それ以外の練習メニューを増やすことをしなくてはいけない。

さらにもうひとつ。

『人のいないところに打つ』、ということを常に、常に念頭に置くことだ。

ゲームや試合に入ると、頭が真っ白になることがある。そんな時、必ず脳裏に焼き付けておくべきは、

『人のいないところに打つ』

これにつきるのではないか。

そして練習メニューについても注意しなくてはいけない。

相手に対して打つ練習を極力減らし、相手のいないところに打つ練習メニューを大量に増やすのだ。

たとえば、片方が攻撃、もう片方が守備の練習。

レシーバーは奥に高くロビングをするが、後衛のいないほうにレシーブを送る。

攻撃側は、スマッシュやドロップをする時、両側のアレイ―か、最奥の四角い小さな箱、または中央のど真ん中を狙うようにする。クリアも同様。

こうすることで相手に打つ、ということを避けられる。

 

さらにサーブ練習では、ハーフのアレイを狙う。

四人でやるローテーション練習は、ドロップ、ヘアピン、ロビングの順で延々つないでいくのだが、この時も必ず人のいないところに打つことを念頭に置く。

こうやりながら、人のいないところに打つ、ことを体感していくのだ。

[su_note note_color="#fff266"] 大人バド部のみんな

普段、人のいないところに打つ、ということを意識しているだろうか。

自分が勝てると思ったゲームや試合で苦戦してしまうのは、相手にシャトルを送っているのではないか、と検証してみよう。

もしそうなら、そうならない練習を普段をがっちりやっていこう。

『人のいないところに打つ』

自分は今日から、心のバド単語帳にこの言葉を刻もうと思う。 [/su_note]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まだバドラー歴3年の孤独な大人ネコバド部長。1年目を過ぎたころから仲間ネコを集めて自主練の日々だ。バドミントンをしている時は素のネコになれるんだニャー。 目標は最強のネコバドラー。どんな相手だって受けてたつぞ。ニャー。