ミスをしなくなった明確な理由 動画あり

ミスがない!?

本日はドロップやスマッシュ、ヘアピンなどの練習を行った。

ちょっとびっくりしたのだが、それらの練習中、自分はほとんどミスをしなかった。

たいていドロップを10球打てば、1球ぐらいはネットにひっかけてしまう。スマッシュも同様だ。ヘアピンだって100%ネットを超えるとは限らない。

ところが、今回は一回およそ5分程度の練習を2回おこなったのだが、ミスしたのはわずかスマッシュで1回、ドロップで1回のみ。

連続してスマッシュを打ってもミスはしなかった。

これは、自分としては本当に驚きだ。

最近、ずいぶんミスの回数は減ってきたな、と思ってはいたが、本日の練習が決定的だった。

なぜミスが減ったか?

なぜミスが減ったのだろうか?

冷静になって考えてみた。

答えはひとつしかない。

それは体幹がよくなってきたからだ。

左右に振られても、前後に振られても、きちんと体制を整えて打つことができるようになってきた。

ぐらぐらしない。

ぶれない。

理由はこれしかないのだ。

では体幹が鍛えられてきたのはなぜだろうか?

体幹がよくなってきたわけ

これは明白だ。

去年までの自分と今年と比較して明らかに違うのは、練習内容の変化だ。

昨年まではショットやローテーション、パターン練習に重きを置いていた。

ところが今年に入ってからは、筋力トレーニング、体幹トレーニング、基礎トレーニングに重きを置いている。

体幹トレーニングはごく基本的なものを何本かやっている。たとえばこんなやつだ。

また、やる気満々の時は、ぜひ下記の動画に従ってやってみてほしい。

これは効く。

こちらで紹介されている4つの筋力トレーニングは全部バドミントンに有効な筋トレだ。

ぜひやってみてほしい。

 

筋トレ、体幹トレーニングの効果

特に違いを感じているのは、スマッシュとクリアだ。

以前よりよく飛んでいるし、正確性も増した。

たとえば追い込まれた時に打ち返すシャトルの方向、ドロップショットをよりネットぎりぎりに打つ正確性、ハイクリアの高さ、スマッシュの内訳など、あらゆる面で正確性が増したような気がしている。

それによって全体的なパフォーマンスも向上した。

筋トレ、体幹トレーニング、柔軟などをやる時の注意

筋トレは毎日やる必要はない。

自分の場合は週2-3回程度、一回10分程度だ。

上部で紹介した動画でもわかるとおり、筋トレはとても短い時間で行っても、ものすごく疲れてしまう。

しっかり、短時間で行えばそれで十分。たとえば3分ぐらいでも十分なのだ。

ただし、たとえば腕立て伏せなどは、しっかり効かせるために、ゆっくり行う。床ぎりぎりまで胸を持ってきて、そこからいっきに腕をまっすぐにする。この繰り返しだ。

とにかく体によく効かせることが重要なのだ。

そして筋肉は回復する時に強くなる。だから1日やって、翌日、翌々日は筋肉を休め、3日目ぐらいに股トレーニングを行うのがよい。

筋肉の回復スピードは通常48~72時間だ。

それに対して体幹トレーニングや柔軟トレーニングは毎日でも問題ない。

しかしこちらも長時間やる必要はない。自分に必要だと思う体幹トレーニングや柔軟体操をピックアップして、短時間で行う。

しかし毎日やったほうがいい。

[su_note note_color="#f6f58c"]

大人バド部のみんな

体幹、柔軟、筋トレ。 これらはバドミントンの練習に必須の項目だ。

ぜひ取り入れて少しでも上級に近づけるように行っていこう。[/su_note]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まだバドラー歴3年の孤独な大人ネコバド部長。1年目を過ぎたころから仲間ネコを集めて自主練の日々だ。バドミントンをしている時は素のネコになれるんだニャー。 目標は最強のネコバドラー。どんな相手だって受けてたつぞ。ニャー。