ショートサービスのリターンを予測

ゲームのスタートからいくつかのショットのパターンを予測する、というのは大切なことだ。
ショートサービスをリターンする場合、相手が一番嫌がるコースは、たいていの場合はバックのサービスラインあたり。

ここに落とすと、サーバーはバックだからフォアよりも処理が遅れるし、サービスラインより少し後ろ位にシャトルが来た場合、後衛が取るか、前衛が取るか、とても迷ってしまうところだ。
後衛だと前すぎるから、踏み込んで素早く取らないと間に合わない。

前衛だと、自分より後ろ過ぎるから迷った上に、バックでの処理なので若干遅れてしまう。

だから、リターン側になった場合は、相手が取りずらいと思って、だいたいこの場所に落としてくることが多いのだ。

まずはそこを予測して事前に手を打つことが肝心だ。

事前に手を打つ時は、ショートサービスから、バックのサービスラインあたりをサーバーが取るつもりでサービスを出す。

もうひとつは、その場所にリターンをさせないようなところにサービスを打つ。

このふたつが考えられる、ということだ。

大人バド部のみんな

ショートサービスを打つ問は、リターンがどこに来るのかいくつかのパターンを予測しよう。
そして、この場所にサービスを打てばだいたいこの場所に返ってくる、というパターンを覚えよう。
それが凡ミスを減らし、相手へ点数を奪われない方法のひとつだ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まだバドラー歴3年の孤独な大人ネコバド部長。1年目を過ぎたころから仲間ネコを集めて自主練の日々だ。バドミントンをしている時は素のネコになれるんだニャー。 目標は最強のネコバドラー。どんな相手だって受けてたつぞ。ニャー。