一連の動作をチェック まるでスローモーション

バドミントンの練習で自分がとても大事だと思っているのは、自分の姿を見て、理想の自分とどのぐらいギャップがあるのかを確認する、という作業だ。

自分が打っている姿が、あまりにも想定と違うので、いつもビデオを観ると愕然としてしまう。

最近ではその愕然さもすっかり慣れてしまったから怖い。

ただ、ビデオを撮影し続けていると、いいことがある。

姿を見て、悪いところ、直したほうがいいところを頭に入れる。

特に、スマッシュやクリアを打つ時、どうしても正面を向きがちなのを、利き手を後ろに思い切り引き、ネットに対して右腰を後ろにやり、そこから体をひねって打つ。

この一連の動きを、実際に打つ時には常に意識をするようになった。

撮影をして、それを見て、あまりにも無様な自分の姿が焼き付いてしまったから、これじゃいけないと思って、打つ時に気を突けるようになったのだ。

それにしても自分が打っている姿を見ていると、まるでスローモーションを見ているようだ。
ひとつひとつの動作のスピードが、自分が想像していたのと比較すると、とても遅いのだ。

自分のビデオを観てから、実業団レベルの試合のビデオを観ると、恐ろしいぐらい違っていて、さらに愕然度が激しくなる。

このスローモーションの自分の姿を、なんとかしたい。

大人バド部のみんな

この、自分を客観的に観るという作業は、必ずやったほうがいい。
自分の姿が、理想としてる姿とあまりにもかけ離れている、ということを理解することも、上達するための効果的な作業のひとつだ。

打ち方の研究をする時にはこのビデオがとても役立つ。
嫌がらないで、勇気を持って、自分を観て直していこう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まだバドラー歴3年の孤独な大人ネコバド部長。1年目を過ぎたころから仲間ネコを集めて自主練の日々だ。バドミントンをしている時は素のネコになれるんだニャー。 目標は最強のネコバドラー。どんな相手だって受けてたつぞ。ニャー。