バドミントンで勝利する法則 コートに入ったら、絶対に止まってはいけない

基礎打ちをする時でも、ゲームをしている時でも、必ずやらなくてはいけないことがある。

それをすることでぐっと勝率があがる。

それは、コートでは常に動いていること、だ。

コーチから本日もきつく言われたことだった。

1対2のアタックレシーブで、動く練習

アタックレシーブの練習をしている時、この動くことを練習する。

たとえば後衛でアタックする人は、相手の球が上がるまでじっとしている人がいるが、これはいけない。

常に準備をしておくこと。そのためにはどこに球が来てもいいように常に動いておく。

前衛にいる人も同様。

常に動きながらチャンスを待つ。そしてチャンスがきたらすかさずアタック。

レシーバーも同様。

常に足を動かしながら相手からの攻撃を迎え撃つ。

ドロップが来てもスマッシュが来てもすぐに対応できるようにするには足を動かすのが効果的だからだ。

プッシュレシーブのレシーブを、とにかく動きながら練習してみた

自分が苦手とするプッシュレシーブ。

このレシーブは、基礎打ちの時はほとんど動かずに打っていた。

しかし、本日の練習で、とにかく足を動かしながら、移動しながら一番よい体制で打つことに終始した。

そうしたところ、なかなか良いところに返すことができるようになってきた。

そうか、これか。

レシーブの時は、腕や手首やラケットの角度や、そういうことに気を取られがちだが、実はフットワークこそ大切だ、ということをあらためて認識することができたのだ。

コーチが言った一言 バドミントンはもぐら叩きと一緒だ

きついフットワークが終わったあと、コーチが面白いことを言っていた。

それは、『バドミントンはもぐらたたきと一緒。』という一言。

バドミントンは急な動きが多い。

ロビングやスマッシュやドライブや、考えてみるとどのショットも即座に対応しなくてはいけないものばかり。

それをもぐらたたきにたとえたのだ。

でも、さらにコーチはこう付け加えた。

『もぐら叩きは、もぐらが顔を出すまで見えないけれど、バドミントンは相手がしっかり見えているよね。

だから透明なもぐらたたき。つまりものすごく簡単なもぐらたたき、みたいなもんだな。』

上手いこと言うな~。

 

大人バド部長
大人バド部のみんな、一度コートに入ったら、足を動かし続けなくてはいけない。決して止まってはいけないのだ。いままで動かずに基礎打ちしていた人も、足を動かしながらやってみよう。相当しんどいが、これが勝率をあげることになるのだ。ガンバレ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まだバドラー歴3年の孤独な大人ネコバド部長。1年目を過ぎたころから仲間ネコを集めて自主練の日々だ。バドミントンをしている時は素のネコになれるんだニャー。 目標は最強のネコバドラー。どんな相手だって受けてたつぞ。ニャー。