桃田賢斗 今年の漢字は、「感」

先日桃田選手が、for all nipponのグランプリを受賞した。その他一緒に受賞したのは、ゴルフの畑岡奈紗さん、サッカーの西野朗さんだ。

このfor all nipponとは2007年にスポーツニッポン新聞(スポニチ)が、スポーツを通じての社会貢献、地域振興などを基本理念とした「スポニチフォーラム」の第一回を開催し、今に至っている。

その中で、その年の、明るく元気な日本を作ったスポーツマンを表彰しているのだ。

その一人として表彰された桃田選手は、バドミントンをおおいに盛り上げてくれている立役者として、自分たちも嬉しい。

バドミントン事情をよく知らない人は、よく桃田選手の例の賭博事件について、ちゃら男、と批評しているのは悲しい。

自分が観る限り、桃田選手はあの事件で精神的に大きく成長したように思う。ただ、少し前にちょこっとした問題があった。ドーピング検査の時に桃田選手と福原選手が一緒にいた、という例の発覚事件だ。

その後あまり話題になっていないので、あれはれで桃田選手、福島選手がすみません、と謝って終わってしまったように思うが。

2018年、世界ランクナンバーワンになった桃田選手と背景

それにしても桃田選手は、昨年の復帰から今まで、かなりの好成績を残し、今年は全部で8冠。いまや世界ランクナンバーワンまで登り詰めている。

これは誰にもできることではない。

日本の中で、世界のナンバーワンを保持しているという事実はとても大きい。今後の今のバドミントン選手たちに大きな影響を及ぼすことはもちろん、未来のバドミントンを愛する子どもたちにも影響力は大きい。

マレーシアやインドネシアではバドミントンがとても盛んで、数々の有名選手を排出しているが、それはいいコーチや優れた選手が道筋を作ってくれているから、という理由も大きい。

同じようなことが日本にも言える。今までバドミントンは日本ではまったくよい成績を残すことができなかった。

しかし、日本代表のヘッドコーチとして招へいされた、韓国の朴監督がすべてを変えたといってもいいのではないだろうか。朴監督が2004年に就任して、今年で14年経った。

その下で、今の選手、桃田選手や奥原選手山口選手、タカマツペアなどが育っていったのだ。

2018年の桃田選手が挙げた漢字は、「感」

桃田選手は自分にとっての流行の漢字について、何かにつけてずっと言い続けている、感謝の感を挙げた。

与えられたチャンスを生かし、感謝の上に努力を積み上げて最高の2018年とした。2018年8月の世界選手権で日本男子初のシングルスで優勝し「自分でも予想していないぐらいタイトルが獲れた」と言っている。

彼は事件以降、タイトルを取るたびに、あるいは色々なインタビューの中で、よく感謝している、と言う言葉を口にしていた。

「このタイトルを取れたのも自分ひとりの力だけでなく、多くの人の力があってこそ」、であったり、「よい成績を残すというよりも、コートに立って試合ができることに感謝している。」であったり。

明らかに、変わったな、と思わせる発言だった。それもこれも、たぶん賭博問題後、多くの人たちが彼のために動いてくれたからではないか、と自分は思っている。

そうでなければ、毎回あのように、「感謝」という言葉を口にしていないのではないか。

今後の桃田選手の目標

2018年の世界選手権では、ダレンリュー選手や、その時点でナンバーワンだったビクターアクセルセンも破っている。決勝では、22歳のシンユーチー選手をまったく寄せ付けない戦いだった。

次に彼が目指す大きな目標はもちろんオリンピックの金メダルだ。

もちろん自分も、オリンピックはぜひ観戦したい。2022年7月24日~8月4日までは、今からあと1年と7カ月。あっという間だろう。

オリンピックの年、彼は1994年9月1日生まれだから、ちょうど25歳の終わりだ。年齢的にはもっともピークの時期に入るのではないだろうか。

これからまだまだ成長できると思うが、すでに世界ナンバーワンになり、もしオリンピックも金メダルを取ってしまったら、その後のことが少々心配でもある。

まあ、自分は桃田選手となんの関係もないのだが、スポーツ選手は目標に到達してしまうと、その後のモチベーションを維持するのが大変だと聞いたことがある。

また、いつかは引退の時期を迎えてしまうから、次の人生を新たに歩むことになるのだが、引退してから考えるのではもう遅い。現役時代からすこしずつ知識なり情報なりを蓄積していかなければならないだろう。

ぜひバドミントン選手の、アスリートのよいお手本として、歩み続けていってほしい。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まだバドラー歴3年の孤独な大人ネコバド部長。1年目を過ぎたころから仲間ネコを集めて自主練の日々だ。バドミントンをしている時は素のネコになれるんだニャー。 目標は最強のネコバドラー。どんな相手だって受けてたつぞ。ニャー。