2018アジアバドミントン選手権大会 桃田選手優勝!!!

桃田選手が、2018年のアジア選手権を制した。

[su_note note_color="#ff8466"]

2018年アジア選手権男子シングルス決勝結果

Long Chen  vs. 桃田賢斗

17-21
13-21
[/su_note]

 

戦った相手は、Long Chen(チェン ロン (中国))。彼はビクターアクセルセン、韓国のソン ワンホ選手についで、チェン ロン選手は世界第3位だ。チェン選手は29歳で、中国ではトップ選手の一人。2018年4月19日のランキングで、4位から3位に上がった選手。

2016年には世界ランク1位。その後少し順位を落とし、6位まで下がったが、その後またすこしずつランクを上げ、5位、4位、そして今回3位と上げてきている選手だ。

桃田選手とチェンロン選手は実は過去4回対戦している。

対戦成績はなんと、0対4勝で、桃田選手はチェンロン選手に一度も勝てていなかった。

しかし、今回は違った。

その選手に対して、1ゲーム目は21対17と勝ち、2セット目は21対13で圧勝だったのだ。

 

桃田選手、おめでとう!!!!!

アジア選手権は4年に1回の格付けの高い大会。またこれで桃田賢斗選手のランクがあがるだろう。

[su_note note_color="#ffe666"]

大人バド部の皆

桃田選手は頑張っている。

過去は過去。

彼はすべてを反省し、次に向かって進んでいる。

これからも日本人選手の一人として応援しよう。[/su_note]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まだバドラー歴3年の孤独な大人ネコバド部長。1年目を過ぎたころから仲間ネコを集めて自主練の日々だ。バドミントンをしている時は素のネコになれるんだニャー。 目標は最強のネコバドラー。どんな相手だって受けてたつぞ。ニャー。