8/4【速報】世界バド壮絶な戦いの末、松本・永原が決勝進出だ!

永原和可那、松本麻佑組が初の世界大会で初の決勝進出だ!

すごい戦いだった。

まさに息詰まる攻防。

相手ペアはインドネシアのGreysia POLII選手とApriyani RAHAYU選手だ。世界ランクは6位。

Greysia POLII選手は30歳。一方Apriyani RAHAYU選手は20歳の年の差ペア。

一セット目は日本チームが21対12で勝利。楽勝かと思いきや、二セット目は壮絶だった。

最後の5ポイントはもう、長いラリー、スマッシュの打ち合い。

そしてお互いによく拾った。

松本・永原ペアもよく体が動いていた。スマッシュもミスはまったくなかったし、レシーブもよく奥深くまで届いていて、年齢以上に冷静な戦いだった。

しかし、相手も負けていない。

ジャンピングスマッシュを何度も繰り広げ、レシーブもよく拾う。

もう最後はどちらが勝ってもおかしくなかった。

お互いに気持ちが強い。

決してひかない。

そして3度目のマッチポイント、22-21。

これをモノにしたのだ。やったーーー。

y初の世界大会で、初の決勝進出。

本当に\(◎o◎)/!だ。

これで、日本人対決が決定した。

おおおー。

この二人は本当にすごかった。

決勝もガンバレ、松本、永原!!!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まだバドラー歴3年の孤独な大人ネコバド部長。1年目を過ぎたころから仲間ネコを集めて自主練の日々だ。バドミントンをしている時は素のネコになれるんだニャー。 目標は最強のネコバドラー。どんな相手だって受けてたつぞ。ニャー。