膝に溜まった水を自力で減らしたその方法は、あるトレーニング法だ

昨年12月(2017年)に膝に水が溜まって以降、ちょこちtょこ経過のこのブログで掲載している。

すでに初めて水が溜まってから約半年もたってしまっている。

長期化している膝に水

まさかこれほど長期化すると思ってはいなかったのだが、半年たってもまだ治っていない。

その間、時々スポーツリハビリにも通っているのだが一進一退だ。

ところが、つい先日バドミントンをやったのだが、体がめちゃくちゃ軽かった。

なんでだ?甘いものもいっぱいたべちゃって、ごはんもおかずも大量に食べていて体は重たいはずなのに。

うーん。おかしい。なぜだ?

そう考えていた時、ふと、きがついた。

いつもより痛みが減っている!

あ、右膝がいつもに比べていたくない。

ええっ。

そうなのだ。いつもはずーっと鈍痛を感じながら生活していて、最近はさらに右足裏や、右腰やら、右手首のほうまでしびれやだるさが来ていて、結構落ち込んでいた。

ところがそれがほとんどなくなっているのだ。

だから体が軽かった。

うーむ。いったいこれはなぜだ?

実はここ数週間、自宅でのリハビリをまったく怠っていた。

それまでは毎日のようにリハビリをしていたのだが、やってもやってもよくならないから、もうやらなくても一緒、と思ってついついわずか10分程度のリハビリをやらなかった。

それでも痛くなくなっているということは、何か理由があるに違いない。

でもどんなに考えてもその理由がわからない。

ところが今朝、起きた時、はっ、もしかしてこれかも、という理由をおもいついた。

痛みが減った、推測するとんでもない理由とは

その理由は、ふつうで考えれば、まさか、それは違うでしょ?と思われるような理由だ。

しかしなぜか自分は、それしか考えられないかも、とほぼ確信状態だ。

それを今からお話する。

先週末にあるバドミントン練習会に参加した。

そのバドミントン練習会はとてもハードで、3時間のうち約1時間はシャトルを打たない基礎トレーニングが中心だ。

時々、前回とは若干メニューを入れ替えて行うトレーニングもある。

この間までは縄跳びを200回。二重飛びを100回、というのがノルマだった。その前後にも走ったり飛んだりのきついトレーニングを行う。

だから、いつもならその練習会が終了した日が、膝がさらに悪化し、炎症が増して、水がたまって右膝だけぷっくりと膨れ上がる、という感じだ。

しかし歩けないわけでもなく、激痛が走るほどでもなく、イメージとしてはゴムバンドを膝に巻き付けられたような痛みだから、日常生活は送ることができる。

ところが先週末も同じように参加した練習会、終了してもそれほど痛みも感じず、右膝が異常に膨れ上がることもなかったのだ!

これは驚きだ。

そして昨日はほとんど痛みを感じず、とにかく足が軽くて飛び跳ねながら練習を行ったほどだった。

快適中の快適。

痛みがない、というのがこれほどすばらしいものなのか。

自分は半年ぶりで、この、”膝が普通の状態”を感じたのだ。

サイコーに幸せだ。

そして、今朝起きた時、ずっと理由を考えていた、なぜ?に、もしかしたら原因はこれではないか?というものを見つけた。

でも、いや、違うかも、そんなはずないよなあ、と否定。

でも、やっぱりこれしか考えられない、と肯定。

 

いや、いや、ありえない、ありえない、それはないわ~。とまた否定。

いや、もしかして、本当にこれが理由かも?とまた肯定。

こんな葛藤を心の中で繰り返していた。

でも吐き出したくて、このブログに書くことにしたのだ。

その、考えられる原因とは、あるトレーニングだ。

そのトレーニングは、先週末の練習会の中でわずか2分ほど行ったトレーニングだった。

時々やったことがある人もいるかもしれないが、肩幅程度の広さに足を広げて、足を交互に小刻みに素早く足踏みする、というトレーニングだ。

 

足踏みトレーニングがなぜよいと思ったのか? それは卓球の張本選手が理由だ

その時は30秒間を4セット行った。30秒やって30秒休む。これを4回やったのだ。

2回目ぐらいからは、もう足がだるくなり、やがては上げることも困難になるぐらいきついトレーニングだ。

感覚的には、1秒間に足を左右4回ほど足踏みするイメージだ。だだだだだだだっという感じだ。

自分は、もしかしたらこのトレーニングによって痛みが減ったのではないか、と思っている。

理由としては考えにくいよね?

なぜこれが理由だと思ったか、というと、あることを思い出したのだ。

それは、卓球男子で大活躍中の、張本選手を知っているだろうか?

わずか14歳で世界最高ランキング10位という逸材だ。

その彼が、時々試合の合間に行うのがこのしぐさなのだ。

彼は試合の途中で、時々このトレーニングを3秒ほど行う。

見たことのある人もいるだろう。

自分は、あれを見て、何をやっているのだろう?緊張感を解きほぐすものか?と思って観ていた。

ところが、このわずか数秒のしぐさは、それが理由ではなかった。

このトレーニングは、単に足腰を鍛える、というだけではない、思わぬ効果がある。

それは、骨を正しい位置に戻す、という効果だ。

足踏みトレーニングのとんでもない効果

以前何かの本か何かのテレビで観たことを思い出したのだ。

この動作をすることでなんと、骨のゆがみを矯正することができる、というのだ。

本当かどうか知らないが、自分はそのように記憶している。

「そうか、だから張本選手は、ゆがみ矯正をするためにあの動作を行っていたのか。」と、納得したのだ。

それを、今回の痛みがなくなったことで思い出したのだった。

その動画はないので、それに近いトレーニング動画を公開しておく。わずか53秒の、やり方の説明動画だ。

 

これによると使う筋肉は、主に3つ。

ひとつはお尻の筋肉、次に膝上(大腿四頭筋)、そして膝裏(ふくらはぎのちょっと上あたり)の3つだ。膝の周りの筋肉強化と、お尻の部分は腰のだるさと関係する場所だ。これらの筋肉を鍛えるのと同時に骨のゆがみを矯正する、これらの力が働いたことで、もしかしたら痛みが緩和されたのではないか、と推測した。

この動画では、膝をかなり高くまで上げているが、実際に行ったのは、ジョギングする時程度の足の上げ幅だった。

まだ半信半疑ではあるが・・・

でもなあ、まさかなあ。トレーニングをやって膝がよくなるんて。

じゃあ、いままでのリハビリはなんだったんだ?

とまあ、まだまだ推測の域を出ないのだ。

そして今日の状況は、やっぱり膝に水は溜まっている状態。

しかしほんのわずかだが、以前より痛みが減ったような気がしている。

まだ完治には程遠いので、何かよい情報があれば、さらにまたこのブログで報告することにしよう。

今週末も練習会に参加して、足の痛みの経過を観察することにしよう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まだバドラー歴3年の孤独な大人ネコバド部長。1年目を過ぎたころから仲間ネコを集めて自主練の日々だ。バドミントンをしている時は素のネコになれるんだニャー。 目標は最強のネコバドラー。どんな相手だって受けてたつぞ。ニャー。