町田コンディショニングジム健介へ行ってみた

どうも。更新するの久々だな~。実はコロナ騒動で小中高校が休校になったり、いろいろな体育館が休館になっちゃったりしている間に、暇か、と思ったらちょうどタイミングよく仕事がむちゃくちゃ忙しくなり、ブログ更新の暇もないほど。リモートワークで仕事をしているものだから、自分は一切コロナは関係なし。特需というわけではないが、バドミントンができない時間はすべて仕事に費やされてしまって、貧乏暇なし、の状態だったのだ。

ようやくそれもひと段落。といってももちろん自分が住んでいる周辺の地区センターの体育館も小中高校の体育館も公営体育館も全部休館。

そこで、前からずっと行ってみたいと思っていた、「町田コンディショニング健介」に行ってみた。初めて聞く人は、なんじゃ、その名前?と思うかもしれないが、ここはれっきとしたジムだ。

しかし、普通のジムじゃない。

運営している人は、なんと31歳のバリバリの現役のバドラーだ。本人もかつて腰痛、膝痛にひどく悩まされていた時期があり、紆余曲折あって2018年に開業にこぎつけた。

普通のジムじゃないところは、なんといっても揃えているマシンの種類が全然違うのだ。

「鍛錬」という会社をご存じだろうか。トレーニング機器を製造販売している会社だが、この会社は非常にユニークなマシンを次々と開発している稀有な存在だ。

鍛錬のマシンは大きく二つに分かれている。

ひとつは、体の不調やケガのリハビリや、加齢に伴う筋力の衰えなどを回復させるといった、体全体を整えるための「コンディショニングライン」がある。

もうひとつは、より美しい筋肉を手に入れるための「マッスルライン」だ。

このふたつから成り立っている鍛錬のマシンを使うことで、脳梗塞で右半分麻痺してしまっていたからだが元どおりになった人もいる。また、多くのボディビルダーが、ぜひ取り入れたい、こんなマシン初めて、という絶賛の声が次々と寄せられているのもまた事実。

とにかく、この鍛錬のマシンはすごいマシンなのだ。

そのマシンで埋め尽くされているのが、ここ、町田コンディショニング健介、というジムだ。

鍛錬はマイナーな機器メーカーなので、全国のジムに入っているとはいっても、まだまだ体験できるところは少ない。しかも宣伝広告にお金をかけていないから、知っている人も非常に少ないのが現状だ。

しかし、この鍛錬のマシンを使うことで、絶大な効果を感じている人が、後を絶たないのだ。

ウソだと思うなら、ぜひ、「町田コンディショニング健介」「バドミントン」などというキーワードで調べてみるといい。

すでに動画を観た人もいるかもしれないが、あのぐっちゃんねるのぐっちーも実際に試してその絶大な効果を感じている一人だし、株式会社mintonの代表である平子氏も体験してその効果を感じている。

また、鍛錬というマシンは本当にすごいらしく、youtubeではたくさんの関連動画が上がっているから、興味ある人は観てみるといい。

ジムに置いているすべての機器がその鍛錬の会社のものである、町田コンディショニングジム健介では、運営している畑中さん自身がバドラーということもあり、バドミントンをやっている人たちもたくさんジムに通っている。

何より嬉しいのは、バドミントンで不調を抱えている人がこの鍛錬を使用する際に、答えてくれる人自身がバドミントンをよく知っている人だ、といういことだ。

これ、他のジムじゃこうはいかない。たとえばスマッシュをもっと早く打ちたい、とか、ロビングで足を出す時の正しい足と膝の向きをマシンで矯正する、ことであったり、とにかくバドミントン関連の細かい要求や質問に、すべて答えてくれるのは、このジムしかない。

少し遠かったが、自分も実際にここにおじゃまして、仲間と一緒に初回無料の体験コースを経験してみた。

そして効果をしっかりと体験することができたのだ。

自分はこのブログにも以前から書いているのだが、3年前から膝に水が溜まるようになり、以降一度もその水が引いたことがない。

信頼のおける整形外科に通い、リハビリもやってみたのだがあまり効果が感じられずに今に至っている。

そのことを畑中さんに相談してみたら、「一番の問題は、たとえばロビングで足を前に出す時に、膝の方向と足先の方向がずれているのが原因。それを直せば膝に水はたまらなくなります。そのためにはこのマシンを使うといいです。」というように、かなり具体的に使い方などを教えてもらえたのだ。

その他にも、体の使い方が間違えていることによる腰痛や首痛や肩痛などは、正しい体の使い方に持っていくことですべて改善するという。

その、改善させるマシンが、鍛錬の機器のうちの「コンディショニングライン」というものだ。赤いマシンだからすぐにわかる。

もうひとつの「マッスルライン」は黒い機器だ。色分けされているからわかりやすい。

以下に、関連動画を載せておくので、時間のある人はぜひとも観てみてほしい。

そして、もし町田市の町田コンディショニング健介に興味を持って、住んでいるところから行ける場所なら、ぜひ足を運んでみてほしい。

足が運べなかったら、どこでこの鍛錬が体験できるのか、調べてみるといい。

ちなみに滋賀県では、この鍛錬がたくさん置いているジムがあり、そこにたくさんの高齢者が足を運んでいる結果、元気な高齢者が続々誕生している。

その動画はこちらで観ることができる。池上彰さんの小さなニュースというテレビ番組で紹介されている短い動画だ。

こちらは、株式会社mintonの平子氏の体験動画だ。

こちらは、20代の肩があがらないバドラーの、マシン体験動画。鍛錬の社長が町田コンディショニングジム健介で行っているデモだ。

こちらは鍛錬という会社の会社紹介動画。まあ、会社の宣伝でもあるのだが、鍛錬社長の想いや、どのように鍛錬という会社を作ったがよくわかる動画だ。

ぐっちゃんねるの二回目の動画。バドミントンに必要な柔軟性や筋力をつけることができるマシンで、実際にぐっちーが体験している。さらに最後のほうにはバドラーの何名かが、その効果について短いコメントを寄せている。

このように、鍛錬という2種類あるラインを使い分けながら、バドミントンに必要な筋力や、不調のある体の部位を改善することができるのだ。

ぐっちーは、愛知県に在住しているからそれほど頻繁に来ることはできないが、自分は同じ神奈川県だから、そう考えると、少し無理してでも通いたいと思う。

入会初期費用は5000円で、1年間、レギュラーコースで39800円。単発では2000円だから、月2回以上通える人は会員になっちゃったほうがお得だ。レディースコースや60歳以上は少し安くなるのでチェックしてみるといい。町田コンディショナル健介は2018年にオープンしたばかりだが、着々と会員数を増やしている。もう少し増えれば、現在行っていないウィークディの午前中開催もやってくれるそうだ。ぜひ応援したい。

それ以外で、鍛錬が体験できる場所はこちらの鍛錬のサイトのページで確認できる。いちおうリンクを張っておくので確認してみよう。鍛錬の、納入施設一覧ページ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まだバドラー歴3年の孤独な大人ネコバド部長。1年目を過ぎたころから仲間ネコを集めて自主練の日々だ。バドミントンをしている時は素のネコになれるんだニャー。 目標は最強のネコバドラー。どんな相手だって受けてたつぞ。ニャー。