基本に戻ったローテーション・パターン練習

本日は基本のパターン練習を久しぶりにやった。
隣のコートではめちゃ強いチームが強化練習をしている中で、自分たち自主練チームは細々とトレーニング。

それでも隣の豪速球スマッシュに目を奪われることなく、しっかりと練習に集中した。

自主連チームでは、まだバドミントンをやり始めて一年もたっていないという人たちがいたために基本のパターン練習に立ち戻ったのだった。

その人たちと練習ゲームをしていると、時々ぶつかりそうになってしまう。

でも本日の練習を行うことで、ようやくその原因がはっきりとわかった。

おこなったのは、ロングサービス→ドロップ→ヘアピン→ロビング→クリア→クリア
この繰り返し。

さて、この練習をやっていると、はっきりとその原因がわかってきた。

自分がドロップを相手コートに入れた時、自分のパートナーはトッパンの前衛にいなくてはいけないのだが、Aさんはサイドバイの場所にいたままだった。

また、Aさんは相手からのドロップをロビングで受けた時、受けた状態でそのまま前衛に出てしまう。

そうなると、もう片方のパートナーはどこに立てば良いのか迷ってしまう。

本来なら、ロビングをしたら、サイドバイの状態を保っていなくてはいけない。ロビングをして前に出る、ということは、スマッシュやドロップをトッパンの状態で受けるのと同じことなのだ。

これでは完全にやられてしまう。

また、トッパンからサイドバイになる時は、前衛はなるべく近いほうへ下がることだ。フォア寄りの前衛にいたなら、フォア側のサイドへ行く。
バック寄りの前衛にいたなら、バック側のサイドへ行く。

あくまでも前衛が優先なので、前衛が下がったら、その反対側のサイドに後衛が立つ。

後衛が先にサイドに入ってしまっては、ぶつかってしまう可能性があるから、決して行わないことだ。

そういった基本中の基本を確認しながらパターン練習を行った。

大人バド部のみんな

もし練習仲間でローテーションをよくわかっていない人を見つけたら、パターン練習を少しやって、ローテーションの基本を教えてあげるといい。

練習ゲームをやりながら覚えてもらうよりも、パターン練習をやって覚えてもらうほうが分かりやすいし早いと思う。

場合によっては、ミスをしたときに一度練習を止めて、なぜ今のが間違っていたのか、口頭で説明してあげると相手に親切だ。

そういやって相手を強くしてあげればあげるほど、ゲーム練習の質が向上する。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まだバドラー歴3年の孤独な大人ネコバド部長。1年目を過ぎたころから仲間ネコを集めて自主練の日々だ。バドミントンをしている時は素のネコになれるんだニャー。 目標は最強のネコバドラー。どんな相手だって受けてたつぞ。ニャー。