ローテーション練習のためのローテーション練習は辞めよう

すぐにできる人、とできない人が混在している。

ローテーションのためのパターン練習はたくさんの種類がある。

その中から、毎回集まるメンバーが違う自主練で、いくつか選んで練習をしている。

はじめてのローテーションの場合、上級者とそうでない人には歴然とした差が生まれる。

ある人は、何度言っても覚えてくれない。

次はヘアピン、というのを、なんどもロビングしてしまう。

そこはクリア、というところを何度もドロップでつなごうとしてしまう。

いっぽう上級者は一度やったら間違えない。絶対に間違えない。

この差はいったい何だ。

まあ、上級者はこの手のローテーションは死ぬほどやっているだろうから、慣れているというのはあるかもしれない。

これは慣れだけなのか?

一度友人が主宰する自主練に呼ばれて参加したことがあった。

その時、パターン練習をするからこの順番を事前に覚えておいて、という一斉メールが来た。

ロビング、ドロップ、ヘアピン、ロビング、クリア、ドロップ、、、、、

複雑なようだが、やれば簡単。

ローテーションは間違えてしまうと練習にならないことが多い。

ローテーションは初中級者が苦手なもののひとつだ。

ローテーションがうまくいくようになれば、この手のローテーション練習は上手になるに違いない。

最近我々がやっているのは、ドロップ、ヘアピン、ロビングの流れの中に、ストレートの切り返しを入れることだ。

試合では、切り返しが奥までしっかり届かないと、とたんにやられてしまう。

あくまでも試合を前提としてローテーションだ。

ローテーションの流れを覚えるローテーションではなく、試合でありがちなローテーション練習を心がけよう。

大人バドのみんな

ローテーションはとにかくがんばってすぐに覚えよう。

そうでないと、ローテーションを覚えるのに時間がかかり、せっかくの肝心の練習ができなくなってしまう。

流れを覚えるためのローテーション練習は極力短時間にしよう。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まだバドラー歴3年の孤独な大人ネコバド部長。1年目を過ぎたころから仲間ネコを集めて自主練の日々だ。バドミントンをしている時は素のネコになれるんだニャー。 目標は最強のネコバドラー。どんな相手だって受けてたつぞ。ニャー。