ロビングで左右に振られても必ず取れる方法

スマッシュが決まった!と思ったら、あら、いいところにレシーブされて返せなかった、なんてことはよくあることだ。

また相手のレシーブが左右に来て、こっちが振られて結局ミスしてしまった、なんてこともよくあること。

これなんとかならないかな。

 

攻撃をしたら必ずすぐに中央に戻る、というのは間違い

攻撃をしている時、右からスマッシュをうったら、すぐに中央に戻り、左に振られてもいいようにしておく、というのが基本と習った。

しかしどんな時もこれでいいか、というとそれは間違いだ。中央に戻る、ということを機械的にやっていてはいけない。

もし右から攻撃をして、中央に戻ってしまったら、もし相手が同じ右にレシーブを送ってくればどうだろう?

おそらくいい攻撃ができないか、苦しい体制で打たされてしまうだろう。

実際にやってみるとよくわかる。

だから、はっきり言って、右で攻撃をしたら、すぐに中央にもどらずその場にとどまるのが一番いい。

その場合もし左に球が振られてきたらどうするの?と思うだろう。

大丈夫。間に合う。

ステップを意識し、すぐに左に移動できるようにして右で待つのだ。

これをやることで右に来ても左に来ても、中央に来ても、どこに球がレシーブされてきても、よい体制で打ち返すことができる。

ここで重要なのは、必ず中央に戻る、ということをしてはいけないということだ。

攻撃する時の球質を把握する

本当か?と思うだろう。

右に振られて、右にそのまま居残る?それって本当?

本当だ。

実際に練習してみるといい。

レシーブ側に二人サイドバイで陣取る。もう片方の攻撃側にはコートに一人だけ入り、ドロップかスマッシュをする。

レシーブ側はできるだけ左右に振る。

攻撃側はドロップかスマッシュをしていく。

この時重要なのは、自分が攻撃した球がどんな球なのか、感覚をつかんでおくことだ。

うまく入らなかった時、浮いてしまった時は、相手が詰めてくるかもしれない。逆にプッシュをされてしまうかもしれない。

うまく入った時相手はかなり前方に詰めてくることが予想される。

球の距離感の測り方 全体の一部としてシャトルをとらえること

もうひとつ、とても大切なことがある。

それは、球の距離感だ。

ドロップをした場合、ネットと球の距離がどのぐらい離れているのか、その距離感を掴めない人が多い。

その距離感がわからない人は、シャトルを見ている人が多い。

距離感を掴もうとする時は、シャトルを見てはいけない。

全体の一部としてシャトルを観ることだ。

そして、コートや人やネットや後ろの壁や、それらを全体として見て、シャトルと自分との距離感を掴む。

絵でいう遠近感と同じだ。

遠近感は、遠くに建物があったり、近くに人がいたり、道があったり、木があったり。そういうもので遠近感を測るだろう。

シャトルの距離感もそれと一緒だ。

シャトルを見ていても距離感はわからない。

あくまでも広いコートの絵を見て、シャトルがどのあたりに落ちていくのか、を把握する。

このことが、次の自分の動きを決めていくのだ。

大人バド部長
大人バド部のみんな、左右に振られる時、打ったら中央に戻る、打ったら中央にもどる、といった機械的な動きはもうやめにしよう。相手の球の飛んでくる場所によって、その場にとどまることが得策の場合もあるのだ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まだバドラー歴3年の孤独な大人ネコバド部長。1年目を過ぎたころから仲間ネコを集めて自主練の日々だ。バドミントンをしている時は素のネコになれるんだニャー。 目標は最強のネコバドラー。どんな相手だって受けてたつぞ。ニャー。