バドミントン上級者から指導を受けた、きつい一言でもへこたれないぞ

プッシュレシーブの練習を最近よくやっている。

特にレシーブが難しい。

レシーブは、ネットギリギリに返すレシーブだが、力なく打っては相手からのカウンターを受けてしまう。

また、弱い球はネットを超えて中央あたりに落ちてしまう。これでは相手の思うツボだ。

プッシュレシーブの打ち方

親指をつかい、ネットにまっすぐにラケットを指すような形でフィニッシュする。

決してラケットを横にしてはいけない。

右利きの人なら、左から右に打った時に、ラケットは90度で止める。

つまりちょうどネットにラケットの先端が行くように打つのだ。

それを90度以上にもっていかないように。

足は小刻みに右に左に。

その場で足を固定していてはいけない。

右を踏み出す場合もあるし、左に寄る場合もある。

ラケットは必ず立てる。

上級者からのきつい一言

練習相手は、プッシュが得意な人も、そうでない人もいる。

だから、必ずしもキレイなプッシュが飛んでくるとは限らない。

それを右に左にラケットと重心を持ってくるから大変だ。

自分ではわりと打てているほうだと思っていたのだが、レシーブの相手をしてくれた上級の男性から、きついひとことが飛んだ。

「君の打ち方は、ただラケットに球を当てて運んでいるだけだから、もっと指を使わないと。」

わりと指も使えていて、鋭い球が飛んでいるように見えたのだが、その男性からすると、自分の球はまったくへなへな球だったようだ。

こんなにがんばって練習しても、ただ球を運んでいるだけ、か。

自分が上達していないとわかると、やはりシュンとなってしまう。

逆に、少しでもよい部分をほめてもらうとがぜんやる気がでるのだ。

まったく人間というものは単純...。

というわけで、相変わらずプッシュレシーブは苦手なショットのひとつだが、これも地道に練習していくことで、少しでも上手にならなければ。

[su_note note_color="#e1fca7"]

大人バド部のみんな

上手な人からキツイ一言が飛んできても、決してへこんではいけない。

自分が強くなれるように言ってくれているのだから。

そう思って、その言葉を自分の糧(かて)にするべきだ。

周りからの一言は、全部自分のエネルギーに変える、 そういうつもりで臨もう。 [/su_note]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まだバドラー歴3年の孤独な大人ネコバド部長。1年目を過ぎたころから仲間ネコを集めて自主練の日々だ。バドミントンをしている時は素のネコになれるんだニャー。 目標は最強のネコバドラー。どんな相手だって受けてたつぞ。ニャー。