キレイなフォームの人をじーっと観察してわかった、上達の5つのヒント

本日の自主練は、緩急をつけたノック練習だ。

右に、左に、強く、弱く、を決めて相手コートに入れていく。

この練習をすることで、球との距離感を掴み、ぶれない体勢で安定したショットが打てるようになる。

人によっては左右に振られるとどうしても打点にムラができてしまい、うまく打てない。

しかし、上手な人は決して振られても良いショットを連続して打てる。

それはなぜだろうか。

連続して良いショットを打てる人を、横から眺めてみた

さて、隣のコートで数名が練習していたので、じっくり観察してみた。

上級のAさんの場合

Aさんは上級中の上級で、とてもうまい。

横から見て色々と気が付いたことがある。

まずドロップを打つ時もスマッシュを打つ時もフォームがまったく一緒でどちらを打つのか、直前までわからない。

横からみていると、打ち方がほぼ一緒だ。

次に、スマッシュ、クリアを打つ時、必ず上半身が横にむき、さらに利き手をぐぐっと後ろに引き、弓矢を打つような形になってから球を打っている。

ふられてもまったく同じフォームだ。

さらに、球と身体との距離がかなり広く、必ず前方で打っている、ということにも気が付いた。

中級Bさんの場合

Bさんのショットには癖がある。

まずAさんと比較すると、打つ直前に後ろに手を引いていないから、ショットがあまり奥まで飛ばず、球には威力があまりない。

少し気になるのは、打点が低いことだ。球の軌道が少し下に向いたところで打っている。

それとフットワークが重い。左右へ移動する時も、イメージ的には、ドタドタ、ドタドタ、という感じで移動している。

初中級Cさんの場合

まず一番気になったのは、ショットを打つ時、ほぼどのショットも真正面を向いて打ってしまっていることだ。

仁王立ちで打つ感じだ。

そしてもっとも気になった点は、腕を二回引いていることだった。

球が来て、それを打つ時、一回利き手を後ろに引く。そのまま前に出して打てばいいのだが、そうはせず、もう一度後ろに引いてそれから打つことだ。

だからタイミングが全部遅くなっていて、もし相手から速い球が返ってきたら、恐らく返球のタイミングが遅れてしまう。

本人は多分、そのことを自覚していない。

また、初中級にありがちなのが、打ってから一瞬その場に立ち止まってしまうこと。

Cさんも同じだった。ショットを打ったら中央に戻るのが基本。一人でコートに入りノックを受けている時は、右で打ったらすぐ中央に戻り左で打ったらまた中央に戻る。

これをなるべく素早く行うことだ。

CさんもBさんも、ステップが軽やかではないのと、中央に戻る意識がないので、どうしてもすべてのショットへの準備が遅くなってしまう。

だから威力のない球を打つことになってしまうのだ。

Aさん、Bさん、Cさんのショットを観察して、上手くなるためのヒントをもらった

三人のそれぞれの打ち方は横から眺めていて、上級へのヒントをつかんだ。

今よりもっとバドミントンがうなくなるためには、以下のことを意識したい。

  1. クリア、スマッシュ、ドロップを打つ時は、極力同じフォームで打つ意識を持つ
  2. どのショットも、身体の前で打つ意識を持つ
  3. スマッシュの時は、正面をむかず、必ず半身になり利き手を後ろに引いてから打つ
  4. ステップはかろやかに、決してドタバタ走らない
  5. 球とラケットの距離感は近すぎてはいけない

以上が、自分が今回他の人の打ち方を観察してみて、うまくなるために得たヒントだ。

大人バド部長
大人バド部のみんな、時々上手な人の打ち方を観察してみよう。ただ観察してみるだけでなく、なぜ力強いショットが打てるのか、その理由を探りながら観察しよう。上手な人の打ち方には、うまくなるヒントが満載だ。

 

 

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まだバドラー歴3年の孤独な大人ネコバド部長。1年目を過ぎたころから仲間ネコを集めて自主練の日々だ。バドミントンをしている時は素のネコになれるんだニャー。 目標は最強のネコバドラー。どんな相手だって受けてたつぞ。ニャー。