『分爽快 身体革命 誰もが身体のプロフェッショナルになれる』、を読む



昨年末から不定期に更新している、膝に水が溜まっている状況とリハビリの経過報告。

リハビリをしてすこしずつよくなっているのかな、と思いきや、今週に入ってかなり悪化してしまった。

がっかり。

ハードな基礎トレーニングに、膝の痛みが逆戻り

実は先週、右膝にほとんど痛みがなく、なおったか?と勘違いしたぐらいだった。

ついにリハビリの成果が出たか?と思ったのだ。

とにかく右膝が軽く、ぴょんぴょん飛び歩いてもまったく平気だった。

だからというワケではないが、先週かなりハードな基礎トレーニングをやってしまった。

たとえばその場での小刻み走りや縄跳び、ラウンジなど、膝に負担がかかってしまうものばかりだ。

さて、結果はどうだ。

案の定、さらにガッツリ水が溜まってしまった。

膝頭のあたりを指で押すと、ぶよぶよだ。水がたまってるなー、とすぐにわかる。

それと同時に、最近は膝の痛みだけではなく、右腰から膝にかけて右だけが非常にだるい。

だるくて、夜寝ていても寝返りに一苦労だ。

また、どうしてもだるさで目が覚めてしまうのだ。

悪化の一途をたどっているなあ。

読者が教えてくれた本、『気分爽快!身体革命』

このブログで、不定期に膝に水のことやそのリハビリのことを書いていたら、ブログ読者で奇特な方が、この本を読んでみたら?とメッセージを送ってくれた。

それが、『気分爽快!身体革命』と言う本だった。

さっそく購入して読んでみた。

なるほど、これはやってみる価値があるな、と思った。

この本を開くと、いきなり目に入ってくるのが、『身体に必要なトレーニングを続けていると、60代になった時が頭の働き、体の動きとも最高の状態になるのです。』というフレーズだった。

おおー、本当か。

20代でもない、30代でもない、60代だ、と伊藤氏は宣言しているのだ。

その理由とともに、どういうトレーニングをしたらいいのかが、詳しく書かれている。それがこの本だ。

そして、この本の中で終始強調しているのは、胴体の動き、というのはどんな動きでもわずか3つに分類されるという。

わずかみっつの動きの理論を知って、トレーニングする本

この3つの動きを頭に入れて、トレーニングをするのだ。

この3つとは本当に単純だ。

  1. 伸ばす、縮める
  2. 丸める、反る
  3. ねじる

この3種類の動きなのだ。それ以外のすべての動きは、上記3つのバリエーション。

これらみっつの動きのトレーニングをするのに彼が生み出した、伊藤式胴体トレーニングを行うことで、若さ、パワー、健康を手に入れることができる、という。

この運動の目的は、とにかく体の本来の動きを取り戻すということ。

間違った動きをしていれば、当然体のどこかにゆがみが生じたり、無理が生じたりする。それが元でどこかに痛みや凝りや硬さが出てくるのだ。

この、体の本来の動きを手に入れることによって、人間は驚くほど変わるという。

胴体トレーニングで、性格も変わる

伊藤氏によると、運動にはあまり関係なさそうな性格でさえも変わるという。

それだけでなく忘れっぽいとか、すぐに眠くなる、とか寝つきが悪いとか、そんなことも胴体のトレーニングを行うことで体のゆがみがなくなり、それらの問題の解消につながるという。

彼の提唱する運動はどれも本当に簡単で、朝ものの5分もあればできてしまうものばかりだ。

だから長続きできそうな気がする。

さっそく明日からやってみようと思う。

もし本来の身体の動きを取り戻し、バドミントンをもっと上達したい、もっと健康になりたい、もっとカラダの不調を取り除きたい、と思っている人、また自分のように膝に水が溜まっていて、これをなんとかしたい、と思っている人は、一度この本を手に取って損はないかもしれない。

伊藤氏は著書の冒頭でこんなことを言っている。

『身体はいくらでもやり直しができますし、いくらでも能力を引き出せます。』

『もう年だから、体質だから、一度故障した身体だからとあきらめたりか自分の身体の限界はここまで、と決めてしまう必要はまったくありません。』

そうなのだ。人間は頭も身体もどこまでも成長していけるものなのだ。

正しい身体の使い方を学べば、一生の宝となる。

なんでも気になったことはトライしてみるに限る。



2 件のコメント

  • こんばんは、奇特読者です。紹介ありがとうございます。
    3はひねるではなく、捻る(ねじる)です。

    膝の痛みには伸ばす・縮めると捻る(ねじる)がとても有効です。
    しっかり伸ばせれば膝が安定し痛みません。

    伊藤昇先生の著書は全てオススメですが、スーパーボディを読む(旧版)もいいです。

    この方も胴体力を取り入れておられます。ご参考まで、失礼します。
    http://blog.livedoor.jp/dexia2/archives/1754409.html

    • 働くネコさん、ご指摘ありがとう。そう、ひねる、ではなく、ねじる、でした。すみません。早速修正しておきました。
      毎日とまではいかないけれど、週に何回かあの本を利用して、基本のトレーニングをやっています。なかなか参考になっております!紹介、ありがとう!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

    ABOUTこの記事をかいた人

    まだバドラー歴3年の孤独な大人ネコバド部長。1年目を過ぎたころから仲間ネコを集めて自主練の日々だ。バドミントンをしている時は素のネコになれるんだニャー。 目標は最強のネコバドラー。どんな相手だって受けてたつぞ。ニャー。