時々空振りしてしまう理由

時々空振りしてしまうことはないかな?

自分は、フォア側にスマッシュが来た時に、300球に1球ぐらい空振りしてしまうことがある。

今日自主練した仲間の一人は、一ゲームの中で2回ほど空振りをしていた。

これはなぜか。
これは、シャトルを最後まで見ていないことが原因だ。

特にレシーブの時は、シャトルをしっかり見ていない人が実に多い。

途中で目を離すことなく、当たる瞬間までしっかりと見ていないといけない。

特に自分のフォア側にシャトルが来た時、自分より前で打ち返すのが正しいのだが、時々自分の横、もしくは後ろでシャトルをとらえてしまっている人がいる。

今日空振りしていた人も、そうだった。

大きく後ろに腕を持っていってから前に出すので、当たる位置がずれてしまっているのだ。だから空振りする。

自分より前で捉えていれば、目でシャトルを確認することもできるから空振りは起こらない。

大人バド部のみんな

空振りをしている自分に気が付いたら、それは打つ直前までシャトルを見ていないからだ。または自分の後ろでシャトルをとらえてしまっているからだ。

打つ時、かならずシャトルを見よう。

上級者であればあるほど、シャトルは打つ直前までよく見ているはずだ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まだバドラー歴3年の孤独な大人ネコバド部長。1年目を過ぎたころから仲間ネコを集めて自主練の日々だ。バドミントンをしている時は素のネコになれるんだニャー。 目標は最強のネコバドラー。どんな相手だって受けてたつぞ。ニャー。