バドミントンが上達する人としない人の差とはどこにあるか

毎日バドミントンをやっていても、短期間でとてもうまくなる人と、同じ期間やっていてもそれほど上手にならない人がいる。

つまり、上手くなるスピードが全然違うのだ。

それはどこに差があるのだろう。

考えている人いは上達する

自分が思うに、よく考える人は上達度が早い。

たとえばサーブ周り。

サーブを出す時、何も考えないでぱっぱっとサービスしてしまう人がいる。

これでは上達しないしゲームにも勝てない。

サーブは、自分がどんなサ―ビスを出すか、自分が決めるのではない。

相手を見て、相手の立ち位置や構え方で、自分のサーブが決まるのだ。

そういったことを考えている人は、サービスが抜群にうまい。

決してコースを極めているわけでもなく、上手な浮かない球を出すわけでもないのに、相手がその球を取れないのは、レシーバーのことをよーく観察しているから、なのだ。

ヘタなうちから、テクニックを極めようと思わないこと

まだクリアもまともに打てないのに、カットドロップをやってみたり、クロスヘアピンを多用して失敗したり、どうもテクニックにばっかり走ってしまう人がいる。

なんだかそれが決まると、急にうまくなったような気になってしまうのだ。

けれどもそれよりもまず、ドライブやドロップが正確に打てるようになったり、クリアがきちんと端から端まで飛ばせるようになったり、スマッシュをきちんとからぶりせずに打てるようになることのほうが先決だ。

基礎打ちもまともにできなくて、テクニックにばかり走ってしまう人は上手くなるスピードが遅い。

よく言うではない、急がば回れ。

基礎打ちや基本をしっかりやれば、その分上達が早くなる。

コーチを見て、真似る人は上達が早い

信頼しているコーチがいれば、その人の言ったことをきちんと実行することだ。できればコーチの動きを真似ることだ。

足の使い方、手の使い方、腕の使い方、頭の動かし方、ラケットの持ち方、すべてをよく観察してそのとおりに自分ができるようにする。

たいていの人は、言われたらそのとおりに練習するが、真似ることをしない。

実は真似る、ということはとても難しい。

自分は真似ているつもりでも、ビデオに撮ってみると、全然違う動きになっていた、なんていうこともしばしばだ。

だから、正確に真似られるように、工夫してみよう。

真似ることが、実は上手になる一番の近道なのだ。

だから、すぐに上手くなる人は、真似上手だ、とも言える。

言われたことを忘れずに実行する人は上手くなる

みんなはその場でコーチに言われたことは、そのとおりにしようとする。また注意されたことは守ろうとする。

ところが、翌週になると習ったことをすっかり忘れてしまっている人が多いのだ。

記憶の容量がいっぱいになってしまっているのだろうか。

忘れっぽい人は、忘れる前に必ずメモをとったり写メしたり、何か忘れない方法を考えて実行しよう。

自分は、絶対に忘れたくないことは、バドミントンノートに記入したり、こうやってブログに書くことで記憶の定着をしようとしている。

コーチの言ったことをメモったノートを時々読み返して、大事なことを何度も練習し、自分の肉にしていこう。

バドミントン以外のトレーニングをする人は伸びる

バドミントンばかりやっていてもなかなか体が思うように動いてくれない。

自分の体を自在に動かせるようにするために、体幹トレーニングや柔軟トレーニングをしたり、筋力トレーニングをしたり。

持久力を付けるためにマラソンをしたり、集中力を高めることがすぐにできるように瞑想トレーニングをしたり。

そういったことを日ごろからやっている人は、少しずつ強くなっていく。

腕の力、太ももの筋肉、大臀筋の増強、股関節の柔らかさ、俊敏力、動体視力など、バドミントンは単にラケットを使うトレーニング以外のトレーニングもしっかりやらなくてはいけない。

特に、大会となると1日に何度も試合をしなくてはいけない。体力も必要だし、持久力や集中力も必要だ。

日ごろから鍛えている人とそうでない人は、こういうところに差が出てしまう。

体力、筋力が全体的についてくれば、それは当然バドミントンにも影響する。

以上のように、上達できるかどうかは、ひとえに自分次第だ。

大人バド部長

考える、真似る、忘れない

こういったことが上達の一番の近道だと、自分は思う。

普段からこれらのことを意識して、早く上達できるように祈ってるぞ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まだバドラー歴3年の孤独な大人ネコバド部長。1年目を過ぎたころから仲間ネコを集めて自主練の日々だ。バドミントンをしている時は素のネコになれるんだニャー。 目標は最強のネコバドラー。どんな相手だって受けてたつぞ。ニャー。