質の高いレシーブの打ち方は、手首の返しと、グリップを握る親指が大事

今週は暑くて体育館も蒸し風呂状態だ。

こんな時は水分をきちんと取らなければ。

さて今日は苦手なレシーブの練習だ。

質の高いレシーブを打つためにかかせない、親指

レシーブをどうしても奥に高く上げることができない、という人は多い。

本日はその、高く深くあげるために、地道な練習を行った。

何よりレシーブをうまく打つためには、手首の返しが必須だ。

手首の返しを行うには、なんといってもその鍵となるのは、親指の使い方につきる。

プッシュレシーブの時のレシーブは、みじかい距離だからそう力をいれなくても簡単に返すことができる。

ひょろ~っとしたゆるいレシーブでも、ちゃんと返すことができる。

でもこれでは高く深いレシーブはとうてい返すことはできない。

鋭く、つきささるような速い球で返そうと思えば、普通の打ち方ではだめなのだ。

そんな時に鍵となるのが親指の使い方だ。

親指の腹を半分ほど抑えてゆるく握り、手首を返してシャトルを打つ。

インパクトの瞬間だけ、ぐっと親指に力を入れて、手首を返すのだ。

これを何度も練習していると、やがて大きく返すことができるようになってくる、はず。

横に返す時、縦に打つ時も親指だ

親指はラケットの広い面に置く。

親指は全部をつけず、半分だけラケットに置くのだ。

そこから横に手首で返してもいいし、縦に前にラケットを送ってもいい。

どちらにしてもインパクトの瞬間だけ親指に力を入れる。

腕全体でシャトルを打つと、決して強い球は打てない。

肘を動かしてもだめだ。

あくまで手首、なのだ。

 

この、手首の返しをプッシュレシーブで何度も練習してみたが、やはり手首がきちんと回ってくれている時は、めちゃくちゃよいレシーブを打つことができる。

ところが手首の返しがなく、ただ腕を運ぶだけの打ち方だと、なんともたよりない球が飛んでいく。

だからこの手首の返しは、鋭い返球には絶対に必要なことなのだ。

[su_note note_color="#e1fca7"]

大人バド部のみんな

手首の返しをちゃんとやっているだろうか? プッシュレシーブの時、スマッシュレシーブの時、自分のラケットの打ち方を確認してみよう。

もしどうしても鋭い返球ができない、と悩んでいる時は、手首の返しの練習をやってみるのだ。

誰かに相手になってもらって、ひたすらプッシュレシーブをやってみる。 その時、手首の返しを研究してみよう。

正しい打ち方をしていれば、打球は速く、するどく打つことができている。

そうでない時は...打ち方を変えてみよう。その時は手首を意識して。[/su_note]

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まだバドラー歴3年の孤独な大人ネコバド部長。1年目を過ぎたころから仲間ネコを集めて自主練の日々だ。バドミントンをしている時は素のネコになれるんだニャー。 目標は最強のネコバドラー。どんな相手だって受けてたつぞ。ニャー。