良いサービスを出したければ相手をよーく観察しろ

本日の自主練で練習ゲームをやった人は、いままでにないタイプの人だった。

その人は、とにかくサービスの種類をとても多く持っているのだ。

相手の状況を見ながら様々なサーブを出してくる。

まあ試合の時は、サーブはロングやショートを織り交ぜながら出すのが前提ではあるが、その人は本当に自分の苦手なところをついてくる、とてもいいサーブを出すのだ。

ショートだって左右に振るし、ロングもフォア、バックともかなりいいところに入ってくる。

自分はだいたいのロングサーブはスマッシュかクリアで返すことが多いが、今回はミス連発だ。

サービスで相手を崩せるのは、相手の構えだったり、姿勢だったり、ラケットの角度だったり向きだったり、あるいは足の位置だったり、足の開き具合だったり、立ち位置であったり、をあらかじめよーく観察してないといけない。

また、その人の癖もゲームの中で掴んでいくと、良いサービスにつながるかもしれない。
攻撃的な人であれば、少しでも球が浮けば叩かれる可能性がある。

上げるのが好きな人であれば、リターンは高く深くあがる可能性もある。

ネットが得意な人であれば、ショートサービスをクロスネットで返してくるかもしれない。

自分は今回改めて、サービスを受ける時の自分自身の構えを再点検するべきだと思った。
そうじゃないと相手に自分の考えが読まれてしまって、サービスをうまく取ることができなくなってしまう。

また、相手を見習って、もっともっとバラエティに富んだサービスを繰り出すべきだ、ということも改めて思った次第だ。

大人バド部のみんな

サービスを出す時は、直前の相手の構えをよーく監察しよう。

空きすぎているスペースがあれば、すかさずそこにショートサービスを送る。
前傾姿勢だったり、サービスラインぎりぎりに構えていれば、すかさずロングサービスで後ろに追いやろう。

サービスを少し工夫することで、軽々一点を取ることができる時だってあるのだ。そのために必要なのは、相手の観察だ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まだバドラー歴3年の孤独な大人ネコバド部長。1年目を過ぎたころから仲間ネコを集めて自主練の日々だ。バドミントンをしている時は素のネコになれるんだニャー。 目標は最強のネコバドラー。どんな相手だって受けてたつぞ。ニャー。