初打ちは振られてもぶれないための練習からスタート

本日は2019年のバドミントン初打ち。一週間以上も打っていなかったから、ちゃんと打てるのかどうか不安であった。

体幹トレーニングや基本の筋力トレーニングなどをやったのだが、案の定カラダは言うことをきかない。身体が重たい、硬い、遅いで散々なトレーニングだった。

それにもまして自分にがっかりしてしまったのは、足の運び方だ。

本日のトレーニングメニューは、コート中央からラウンドのスマッシュを、利き足を蹴ってからポジションに入る練習を何度も行う。

これが、悲しいくらいにできない。

クリアでもスマッシュでも、必ず利き足を蹴って打つのが基本中の基本なのだが、上級者を除き、多くの人はこれが悲しいくらいにできないのだ。

自分も打っては中央に戻り、打っては中央に戻りを繰り返すものの、移動が遅いし、スマッシュは緩いし、打点が全然違うし、それはそれはひどいものだった。

スマッシュだけの練習なら普通に打てるのに、中央に戻って利き足を蹴ってからフォアから打つ、バックから打つ練習はになると、まるで初級者に戻ってしまったかのように全然打てないのだ。

こんなんじゃ、目標の上級なんて程遠い。

とにかく2019年の初打ちは、悲しみからのスタートだ。

あーあ。

[su_note note_color="#e1fca7"]

大人バド部のみんな

初打ちはもう終わっただろうか。寒い時だからこそ、ぜひトレーニングを行おう。

体作りは時間がかかる。でもぶれない打ち方をマスターするためには体幹トレーニングや柔軟トレーニングが必須だ。 自分も今年1年かけて、体作りをしっかりやろうと思う。

そうすれば、どんなに振られてもきちんと打つことができるだろう。

今年も1年間、楽しみながらがんばろう。[/su_note]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まだバドラー歴3年の孤独な大人ネコバド部長。1年目を過ぎたころから仲間ネコを集めて自主練の日々だ。バドミントンをしている時は素のネコになれるんだニャー。 目標は最強のネコバドラー。どんな相手だって受けてたつぞ。ニャー。