スマッシュレシーブのコツとは

バドミントンも少し打てるようになってゲームも楽しめるようになった人たちが悩む共通の問題点がある。

それは、ローテーション、クリア、そしてレシーブだ。

その中でも本日は、レシーブの練習を徹底的に行った。

レシーブで重要なのは、いろいろと大切なことはあるが、まずは打ち返すタイミングだ。

スマッシュを打った時、球はある時点でキュっと曲がって下に落ちる。

その時に打ち返すと、高く奥に返すことができる。

シャトルが高く打ち返せない人は、ほとんどの場合タイミングが早いのだ。

ぎりぎりまで落としてから打ち返すほうが高くあがる。速いタイミングで打つと、低くしか返せないのだ。

どんなに速いスマッシュでも、失速する時が必ずある。その、落ちる時を狙う。

がまんがまん。



焦ってスマッシュを打ち返しても良い球は返らない。

それからもうひとつ。

フォアで受ける時、ミスをする場合が多い。

バックハンドは、かなりの部分をカバーできるのでフォアで取れる時でもバックで返していることが多い。

そしていざフォアハンドで返すという時、意外にもミスをしてしまうことがあるのだ。

これはなぜかと言えば、だいたいはシャトルを見ていない、ということが多い。

途中まで見ていても、ラケットに当たるまで見てるかという、そうでもない。

しっかりぎりぎりまで見て当てることを徹底したいものだ。

この二つだけでも意識して打つと、結構返せるかもしれない。

大人バド部のみんな

レシーブの時は、シャトルがキュっと曲がって失速した時に家返してみよう。フォアで返す時はきちんと最後まで目でシャトルを見て打とう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まだバドラー歴3年の孤独な大人ネコバド部長。1年目を過ぎたころから仲間ネコを集めて自主練の日々だ。バドミントンをしている時は素のネコになれるんだニャー。 目標は最強のネコバドラー。どんな相手だって受けてたつぞ。ニャー。