バドミントンの膝痛、少し回復

気のせいかもしれないが、少しよくなったかもしれない。

その程度の微妙なものだが、昨年12月後半に急に膝に水が溜まって以来、ステロイド注射を打ったり、ヒアルロンサン注射を打ったり、炎症止めの錠剤を飲んだり貼ったり。

最近はここ2週間以上、理学療法士から教わった、膝の筋肉を正しく使う方法、というリハビリを行っている。

三週目に入って、ここ数日の話だが、バドミントンを数時間やった翌日は、炎症がひどくなってどうしても1日は休まなくてはならなかった。

ところが、今週はそれほど痛みがひどくならなかったので、2日続けてバドミントンができたのだ。

自分がやっているリハビリはブログにもたくさん書いているので、同じ症状(膝に水がたまっている)の人はぜひ読んでみてほしい。

膝に水がたまった時の対処法は、ネットで調べてもなかなかピンとくるものが探せなかった。

今やっているのは、ネットのどこにも載っていない方法で、膝の曲げ伸ばしや、足の先の上げ下ろしでリハビリををするものだ。

後者は即効性があるらしい。

引き続きこれらのリハビリを毎日行い、経過を見守っていくことにする。

うまく治ったら嬉しいのだが。

膝に水が溜まり痛みを抱える、大人バド部のみんな

バドミントンで膝に水がたまってしまうのは、使い過ぎの場合と、正しく膝を使えていないのと、どちらかの場合がある。

その他一般的なのは軟骨が擦り減ってしまうというものだ。

痛みを和らげるのは、ステロイド注射(即効性が高い)、ヒアルロン酸注射(ゆるやかに治していく)、そしてリハビリや微量の電気でゆっくりと直していく、という方法がある。

まずは医者や理学療法士と相談し、自分にもっと適した治療方法を見つけていこう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まだバドラー歴3年の孤独な大人ネコバド部長。1年目を過ぎたころから仲間ネコを集めて自主練の日々だ。バドミントンをしている時は素のネコになれるんだニャー。 目標は最強のネコバドラー。どんな相手だって受けてたつぞ。ニャー。