ハーフに送る球で容易に1点が取れる

本日の自主練ではひたすらハーフに送るシャトルの練習を行った。
ちょうど人数は5人。
どんな練習をしようか迷っていると、ひとりがこう提案してくれた。

3人の方が攻撃、2人のコートのほうが守り。
3人のほうは前衛1人、後衛2人のポジション。
前衛は必ずヘアピン、または中央に送るハーフ球を左右好きなほうに送る。
後衛の二人はひたすらドロップかスマッシュの攻撃

2人の方は、ひたすらレシーブ。スマッシュのレシーブは高くストレートにあげるか、クロスに高く上げるか、またはストレートのハーフにドライブで返す。

これをひたすら続けてみた。

すると色々なことがわかってくるし、全員の良い練習になった。

レシーブのほうは、レシーブの種類のコントロールの練習となる。

高くストレートに、高くクロスに、低くストレートに、低くクロスに、または同じストレートでも、前衛と後衛のどちらが取るか迷うぐらいのハーフ球を返球する練習になる。

後衛の二人はスマッシュとドロップの練習となる。

前衛は左右へのヘアピンのコントロール、ハーフ球を出す練習となる。

すべてゲームや試合にすぐに役立つ練習だ。

その練習をしばらくしてから、早速ゲームへ。

相手のサービスを、練習したように相手のバック側にハーフ球を落とす。すると相手はなかなか思うように取れないのだ。
スマッシュや強い球を打たなくても、ゆるい球でもハーフに落とせばたやすく1点を取れる場面が何度も訪れた。
ハーフ球は試合の時本当に有効だ。

相手がトッパンの状態の時、特にハーフ球は有効なので、ぜひ多用してみてほしい。

大人バド部のみんな

5人で練習するときは、3対2で、攻撃対守備の練習を、ハーフ球を多用してやってみよう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まだバドラー歴3年の孤独な大人ネコバド部長。1年目を過ぎたころから仲間ネコを集めて自主練の日々だ。バドミントンをしている時は素のネコになれるんだニャー。 目標は最強のネコバドラー。どんな相手だって受けてたつぞ。ニャー。