バドミントンで癖のあるフォームは修正しよう

フォームがキレイな人とは、癖のないフォームで打てる人のことだ。

ある日、みんなが練習している間、自分はそれぞれの人たちのフォームをじーっと観察していた。

すると、やはりフォームがキレイで癖がない人は球さばきが上手い。

フォームが美しいのにもかかわらず、ヘタな人はいない。

逆に、時々練習で一緒になるAさん、非常にフォームに癖がある。

打つ時に肘を上げすぎてしまう。

体幹が弱いのか、体が横にぶれて斜めになってしまっている。

わずかなブレなので、もしかしたら本人に自覚がないかもしれないが、観察していると軸がずれてしまっているのがわかる。

これを自身がビデオで確認してみれば、一目瞭然だ。

軸がずれているからミスが多い。スマッシュに威力がない、クリアが飛ばないなど、すべてに影響している。

もし、ミスが多すぎたり、クリアをちゃんと打っているつもりでも威力がなかったりで問題を抱えている人は、一度自分のフォームをチェックすることをお勧めする。

自分も時々フォームチェックをしている。

スマホを床に置き、クリアやスマッシュや基礎打ちなどを一通りやってみて、あとから再生してみるのだ。

すごくイヤな作業だが。

すると、自分はやっているつもりが、まったくもって自分の想い通りになっていないことがとても多い。

自分のフォームでまずいのは、クリアやスマッシュの時、ほとんど正面を向いて打ってしまうことだ。

そういうスマッシュは、どんなに力を入れても威力がない。

自分のスマッシュに威力がない、と思っている人は正面を向いて打っていないか、やっぱりフォームチェックだ。

さらに腕を後ろにおもいきり引いているかどうか、球をとらえる場所は後ろすぎないか、前すぎないかもチェック。

とにかく気になるところは全部チェックだ。

すると普段意識していない自分のフォームのまずい点がどんどん出てくる。

美しいフォーム、癖のない人は本当に羨ましい。

キレイなフォームにするためには、素振りだろうな。きっと。

[su_note note_color="#fff266"]

大人バド部のみんな

癖のないフォームを目指そう。

フォームの美しい人でヘタな人はいない、ということを知っておくことだ。

癖のない美しいフォームで打つためには、素振りをしながらビデオでチェックするのが近道ではないかと思う。[/su_note]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

まだバドラー歴3年の孤独な大人ネコバド部長。1年目を過ぎたころから仲間ネコを集めて自主練の日々だ。バドミントンをしている時は素のネコになれるんだニャー。 目標は最強のネコバドラー。どんな相手だって受けてたつぞ。ニャー。